※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガルド・S【スローネ】・エフエル


身の丈を悠に越す大剣を背負い、常に戦場に立ち続けるスローネの男性。
無駄な脂肪もなく、ごつごつとした印象を周りに与える。
普段は軽鎧を装備しているが、オフの時は皮布を着るだけ。服装にトコトン無頓着。
齢40を過ぎて尚健勝で、昔魔界のキュウと互角に殴りあったことがある。
2mを越す巨躯に似合わず物腰は柔らか。
誰に対しても敬語を使い、その性格から天界に於いては信頼を。戦場に於いては敵に畏怖、味方に鼓舞という、無くてはならないような存在となっている。
オーリス同様、ヴォーダンを疑う。

輝きの祝福【アルデバラン】
ガルドが戦場で常時使う魔法。
大きな特徴は、自分ではなく相手に付与する魔法であると言うこと。
魔法をかけられた対象は、その身に輝きを灯し、様々な恩恵が受けられる。
さらに、スローネであるガルドの視界内であれば、対象の直ぐ側に転移も出来る。
使えるのは一人だけだが、護衛と補助の両方が出来る。

エストやアスモデル等、護衛が必要な者の側に付くことが多く、信頼も厚い。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|