※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黄泉塚 輪廻(よみづか りんね)


濃い茶髪に切れ長の目の美女。27歳。

世界有数の魔道師にして科学者。
魔法科学の研究を行っており、精神と魔力を深く結びつけて特異な魔法の開発をメインに行なっている。その繋がりから世界各地から素材(人間・エルフ・悪魔・獣人なども含む)を集めては強化実験を繰り返していた。

翼人であった聖も研究対象の一人であったが、同じ四天王であるキュウに契約違反だとされ、獣人関係の研究は全て研究所ごと破壊される。
そのため現在の獣人研究は、自ら力や富を欲した志願者のみとなっている。

輪廻自身もバルムンク計画によって自身を強化しており、元々高い能力をさらに高めてキュウや上級の神々とも渡り合える力を持つ。
三世界全てを含めても五指に入る能力を有する。

魔装具などの武器・兵器関連と改造イデアジュエルの開発も行っており、輪廻によって作られたものは、部下であったり他の四天王等の幹部クラスの魔導騎士に与えられることが多い。

メインが研究のため他の四天王に比べ直属の部下は少ないが、特異な魔法を操る者達数名を側近として、戦闘実験を繰り返し成長させている。
そのため他の四天王に比べ圧倒的に部下の数は少ないが、一人一人の戦闘力は幹部クラス。

輪廻にとって最大にして最高の実験体は自分自身であり、輪廻の身体には数え切れないイデアジュエルの力や魔法が宿っている。

輪廻の目的はかつて魔王すら打ち破った勇者の力を復元することであり、そのため伝説の武具を探している。
またそれらの武具は選ばれし者のみ装備できるとされているため、その資格者を産み出すために人体強化、人造による人間や女神、ロボットなどの制作に手を出した。
勇者の力を復活させた後は、その力をさらに高め人・神・魔王の全てを超えた絶対の存在を作り出そうと考えている。

産まれてから何もかもが簡単にできてしまった輪廻は、それ故に絶望的な退屈を抱えて生きており、全てを超越した存在に生み出そうとするのはそれが一番難しいことだと思ったからである。

わざわざ適応者なぞ作らずとも、自分なら勇者の武具全てを装備できると確信しているが、自分が超越者になるのは難易度が低くてつまらないと考えているようだ。


ドッペルゲンガーのイデアジュエル
輪廻が扱う魔装具の剣『三千世界』に埋め込まれている『複製』を意味するイデアジュエル。

三千世界によって空間を切断すると、そこから自分自身のコピーを生み出すことができる。
複製できる数に限りはなく、コピーの性能は本人と全く同じだが、輪廻の体内にあるプランクジュエルの力だけは複雑過ぎるために複製は不可能。

コピーは命令を与えての自立行動とマニュアル操作によるコントロールが可能となる。
自律行動の場合、基本の思考パターンはオリジナルに酷似する。

この魔法は基本的に秘匿にされており、コピー能力を知るものは紫乃か、かつてこの能力を駆使して戦ったことのあるキュウのみである。


プランクのイデアジュエル
『悪ふざけ』を意味するイデアジュエルであり、輪廻の体内にあるエクストラとしての固有能力。

紫乃のカオスジュエルを基盤として、様々な強化と改造が施された輪廻による世界でただ一つのオリジナルイデアジュエル。

その能力はありとあらゆるイデアジュエルや純正魔道士の特性を、その魔力を取り込むことによりコピーし再現することが可能。
再現と言ってもプランクジュエル自体がかなり高い魔力を持つため、多くはコピー元の魔法より強力になる。また、一度手に入れた特性はいつでも何度でも使用できる。
ただしあまりにピーキーな改造によりプランクジュエルの使用には多大なる負荷がかかるため、人外であったりバルムンク等によって強化された強靭な身体でしか扱えなくなっている。

プランクジュエルにある特性はイデアジュエルとして人に移すことが可能である。
移せる数は一人一個であり、輪廻はドッペルゲンガージュエルで分身を作る時に、この方法でコピーに能力を持たせることが多い。
移した特性はオリジナルが扱うことはできなくなるが、何らかの方法でコピーしたイデアジュエルが破壊されたり、コピーが消失するとその特性は自動的にカオスジュエルへと還るようになっている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|