21話Q&Aと小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

21話Q&Aと小ネタ



公式サイトにも以下の用語集と、次回予告があります → http://steinsgate.tv/story/story21.html

【用語1】 クラッキング
【用語2】 中鉢博士の会見
【用語3】 玄武と朱雀と青竜と白虎
【用語4】 まゆりの夢

また、Wiki内のSTORYページのあらすじを読んでも大体は解るようになっています → 21話


21話Q&A


Q:なぜα世界線では紅莉栖が生存しているのか?

A:α世界線では、ラジオ会館8階での中鉢博士の記者会見が中止になっているから。
(1話:ダル「朝、オカリンあの博士直前になって逃げたとか怒ってたじゃん」)

β世界線では紅莉栖が記者会見場に来ていてその後に同じ8階で刺されていたが、α世界線では朝に中鉢博士の記者会見が中止になった為に紅莉栖はラジオ会館に来なくなり、そこで死ぬことも無くなった。

※なぜ中鉢博士の記者会見が中止になったかは現時点では不明。
※アニメ1話では、記者会見は人工衛星の落下が起きる前に中止になっているので、そのせいでは無い?
1話
TVレポーター「本日12時頃、秋葉原に墜落した人工衛星と思われる落下物です」
まゆり「墜落したのをテレビで見てて、オカリンがついに機関が動き出したーとか言って2人で見に来たんだよ」
ダル「朝、オカリンあの博士直前になって逃げたとか怒ってたじゃん」
岡部「中鉢博士の会見だぞ、ラジ館で12時から開かれた」
ダル「だから開かれてないって、良かったじゃん、開かれてたらオカリン人工衛星の下敷きになってたかも」
αの岡部、朝:中鉢博士の会見中止を知りラボに留まる→12時頃:ラボのテレビで人工衛星落下を知りラジ館に出掛ける

訂正
アニメ公式サイト21話STORYの用語集で、
α世界線では鈴羽のタイムマシンが壁面に出現したため会見は中止となり
と書かれている。
公式サイトSTORYはたまに間違いがありあまりアテにならないとの意見もあるが、アニメ準拠と言われてる小説『蝶翼のダイバージェンス:Reverse』でも同様のことが書かれている事や、アニメでは結局会見中止の理由が特に語られずに伏線として機能していない事などから、アニメでも原作ゲーム版と同様に中鉢会見の中止の理由は鈴羽のタイムマシンがラジ館を壊したから、だと思われる。

となると前段の「アニメ1話では、記者会見は人工衛星の落下が起きる前に中止になっている」というのは、1話の台詞ミスか?少なくともダルの「開かれてたらオカリン人工衛星の下敷きになってたかも」は話が合わない。


Q:紅莉栖が「リアルに訴えるぞ」って言ってたのは何?

A:コミマに参加しているダルが、ラボに残っている紅莉栖に電話でノートを探してもらった時に
調べさせたラックにエロゲーのパッケージが並んでいるのを見て、セクハラで訴えるぞという事
  • ツンデレが泣くまでHENTAI紳士をやめないッ
  • 3Dハイレグ刑事


Q:まゆりを撥ねた車は、ラウンダーのものなのか?

A:不明。
α世界線のデッドラインではまゆりは何をしても死んでしまうように収束するので(地下鉄駅で偶然の事故で死んだように)、
ラウンダーではなく一般人の轢き逃げ犯という事もありえる。


Q:紅莉栖は岡部に話を聞く前にβ世界線では自分が死ぬことに気づいていた?

A:岡部が事情を隠している時に聞き出そうと迫ったり、真実を打ち明けられた時に驚いた様子からすると事前には気づいていなかったように見える。


Q:αもβもダメなら、Dメールを更に使って両者とも死なない世界線にできないか?

A:できるかもしれないが、リスクが高い。
Dメールでは受信者の行動をコントロールしづらく、予想外の世界線に変動し、今よりも酷い世界線になる可能性がある。
もちろん、両者とも死なない世界線にできる可能性もあるが、イチかバチかの博打になるので実行は躊躇われる。
または、岡部はα世界線からβ世界線に移る事の難しさの経験から、更に別の世界線に移動できるとは考えていないかもしれない。

ドラマCDではγ世界線に変動したが、そこはα世界線よりも更に悪い世界線だった。
原作ゲームに登場するΩ世界線は、電話レンジ(仮)も失われて後戻りもできない世界線。
原作ゲームファンディスク「比翼恋理のだーりん」のδ世界線は、誰も死なないでラボメン女子との幸福なギャルゲー世界線。


Q:ラボの設立について。

A:現在岡部は東京電機大学1年生だが、大学入学後に秋葉原でブラウン管工房の2階を借りて未来ガジェット研究所を立ち上げる。
そこへまゆりが遊びに通っている様子が21話で書かれている。
ゴールデンウィーク頃、かねてより岡部にラボ加入を誘われていても断っていたダルが「メイクイーンニャンニャンと目と鼻の先」という事を知り、ラボメンに加入。



Q:この世界線ではミスターブラウンや萌郁はいつまで生きているのか?

A:不明だが、とりあえず生存していそう。
以前の世界線では15日に死亡した萌郁達だが、世界線変動率が0.571046になった後の15日では生存が確認されている。
まゆりのように世界線が変動したために1日だけデッドラインが伸びて16日に死ぬのか、フェイリスパパのように死なない世界線になったのかは未確認。
岡部はこの世界線では17日までを経験しているがアニメ内でそれを確認した様子はない。

しかし、17日にブラウン管工房に異変があれば何か話題になると思われるので、とりあえず生存しているかもしれない。



21話小ネタ


ブラウン管の点灯

まゆりが殺された後、1階のブラウン管工房は既に閉店していて当然42型テレビもついていない。
岡部はタイムリープマシンを使用するために、1階のドアを破ってテレビを点けている。
過去にタイムリープすれば当然この行為は無かった事になるので(まだ生存しているらしき)ミスターブラウンに怒られることはない。

コミマ(コミックギガマーケット)

2010年の物語なので、コミマ78。


車のナンバー

品川30 ん 22-474

22-474は語呂合わせか?
「ブーブー・死なす」という車で死なすという意味だという説や、「トゥットゥルー・椎名・死」でまゆりの死だという説等が出た
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。