獣電戦隊キョウリュウジャー

放映期間



リンク

豪快チェンジ



登場レジェンド


桐生 ダイゴ (きりゅう - )

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウレッド。愛称は『キング』。キャッチフレーズは「牙の勇者」。
  • パートナーの獣電竜はティラノサウルスが進化した「ガブティラ」。
    • 非常に自信家かつ楽天的な性格で周りを呆れさせることも多いが、同時に人を惹きつけるカリスマ性とどんな時でも仲間を信じる器の大きさ、多少のことがあってもへこたれない前向きさを持つ。
    • 少年時代は父・ダンテツに連れられて各地を旅し、父のような強い男になる事を願い、道中で父と別れた後も一人で旅をしていた。

登場作品


イアン・ヨークランド

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウブラック。キャッチフレーズは「弾丸の勇者」。
  • パートナーの獣電竜はパラサウロロフスが進化した「パラサガン」。
    • キザな口調でマイペースな女好きだが、仲間思いな一面もある。事あるごとに女性をナンパしているが、失敗すると悪いことが起きるというジンクスがある。射撃の腕に長けており、後述にあるように学者だった経験から分析力もあり、小技をきかせた頭脳戦も得意とする。口癖は「Oh、my!」。
    • 元々は超古代文明を研究していた考古学者だったが、相棒の御船士郎(演:海老澤健次)をデーボス軍の幹部・哀しみの戦騎アイガロンに殺害されてしまう。

登場作品


有動 ノブハル (うどう - )

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウブルー。愛称は『ノッさん』。キャッチフレーズは「鎧の勇者」。
  • パートナーの獣電竜はステゴサウルスが進化した「ステゴッチ」。
    • どんな時でも親父ギャグは絶やさず、シリアスなムードや戦いの最中でも欠かさない。戦闘の際は持ち前の怪力やプロレス技で戦う。
    • 「なんでもや まるふく」という何でも屋を営み、年齢は32歳とメンバーの中では最年長にあたる。家族構成は妹の優子と姪(優子の娘)の理香の3人。
      • 元々は商社で勤務していたが、優子の夫であり義弟の賢一が死去した事により、彼が営んでいた「なんでもや まるふく」を受け継いでいる。

登場作品


立風館 ソウジ (りっぷうかん - )

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウグリーン。キャッチフレーズは「斬撃の勇者」。
    • パートナーの獣電竜はラプトルが進化した「ザクトル」。
    • 剣術の家柄で育った男子高校生。幼い頃から父・源流から厳しく剣の道を叩きこまれて、彼本人も剣術に長けている。生真面目な性格もあいまって、当初は不真面目なお調子者に見えるイアンとは息が合わなかったが、共に戦い続けている中で抜群のコンビネーションを発揮するようになる。
    • アミィがアルバイトで働いているファミレスに定期的に通っており、クリームソーダをよく頼んでいる。

登場作品


アミィ 結月 ( - ゆうづき)

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウピンク。キャッチフレーズは「角の勇者」。
  • パートナーの獣電竜はトリケラトプスが進化した「ドリケラ」。
    • お金持ちのお嬢様だが本質はおてんばで男勝りな性格。戦闘時は蹴りや足技で戦う。似た者同士であるキングことダイゴとは最初に親しくなり、次第に恋焦がれるようになる。人懐っこい一面もあり、無愛想なソウジや責任感故に素直になれない空蝉丸に対しては積極的に近づく等、気遣うこともできる。口癖は感激した時や驚いた時などに使う「ワォ!」。
    • 礼儀作法に疎くガサツな一面もあり、足の指でリモコンを操作したり、本拠地・スピリットベースで観ていたDVDを放り出したままなど、賢神トリンからは「戦隊力は高いのに女子力が低すぎる」とまで言われている。

登場作品


空蝉丸 (うつせみまる)

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーのキョウリュウゴールド。愛称は『ウッチー』。キャッチフレーズは「雷鳴の勇者」。
  • パートナーの獣電竜はプテラノドンが進化した「プテラゴードン」。
    • 戦国時代、武士としても活躍していたキョウリュウジャーだが、デーボス軍の幹部・怒りの戦騎ドゴルドの鎧に約400年もの間封印されていた所をキョウリュウジャーと賢神トリンによって解放される。当初はダイゴ達に対して実力を認めない態度だったが、これはドゴルドとしてキョウリュウジャーと敵対していた自責から距離を取っていたもので、本来は素直で人懐っこく、武士道精神に満ちた性格。
    • 一人称は「拙者」で語尾に「ござる」と付けるのが口癖。

登場作品



デーボス軍

  • 『キョウリュウジャー』に登場する敵組織。白亜紀の地球に飛来した暗黒種デーボスを首領とする軍団。地球の支配種を滅ぼすという使命を持ち、太古の時代を支配していた恐竜を絶滅させたが、トリンと獣電竜によりデーボスが北極に封印される。その後何千年もの間、侵略活動を繰り返す中、現代では氷結城を拠点とし、人間から感情のエネルギーを集める事で主のデーボスの復活を企んでいる。
    • 各幹部にはデザインモチーフとしてトランプと「オズの魔法使い」のキャラクターが取り入れられている。
    • 最終話では「創造主」と呼ばれる存在によって生み出された存在であることが判明され、『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』では地球にデーボスを送りこんだ「創造主デビウス」が登場している。

蝶絶神デーボス (ちょうぜつしん - )

  • デーボス軍の祖である暗黒種デーボスが最高幹部・百面神官カオスが集めた「人間の濃い感情」を吸収することで復活・進化した姿。
    • デザインに蝶が盛り込まれているのは、「恐竜絶滅の原因は蝶の繁殖」という説を取り入れたため。
    • 公式サイトにある特記事項には「蝶絶な技のレパートリーは、お城の奇術師のように豊富である。」と記されており、デザインモチーフは「オズの魔法使い」の魔法使いオズ。

登場作品



登場した用語

ブレイブ

  • キョウリュウジャーになるために必要なもので、共に燃え上がり、絶望を乗り越える人間の魂。このブレイブを獣電竜に認められる事でキョウリュウジャーへの変身が可能となる

獣電池/獣電竜/獣電巨人

  • 地球上に生息していた恐竜達がデーボス軍との戦いに志願し、賢神トリンによって鋼の肉体を与えられて進化した存在。獣電池には恐竜達の魂=キョウリュウスピリットが込められており、「ブレイブイン」した獣電池を獣電竜にに噛みつかせる事でバトルモードに移行する。また、獣電竜同士の合体・カミツキ合体や単独で変形することで巨大ロボ・獣電巨人になることができる。
    • 一度使用した獣電池は使い捨てるのでなく、基地・スピリットベースで魂を込めなおすことで再使用が可能になる。
    • 獣電竜及び獣電池にはトリンによって選ばれた「十大獣電竜」とそれを補佐する「獣電竜戦士団ガーディアンズ」に分けられており、ダイゴ達の相棒となったのが十大獣電竜に該当する。