育成

ユニット育成向きキャラ

エリート持ちの中でもさらに特筆すべき才能を持ったキャラです。
エリート持ちながら攻撃補正が多い、射程や移動が伸びるなど強い売りがあること。
さらに強力な専用アビリティがあるのもいいです。

各経験値上昇アビリティ

エリート ユニット経験値増加
刻苦 ユニット・キャラクター経験値増加、消費EN増加、キャラクターステータス一部減少

ギリ・ガデューカ・アスピス(クロスボーン)

初期から冷徹+デスゲイルズを、レベル10でエリートを覚え、育成向きながら序盤から高火力。
特にデスゲイルズは攻・防・機の全てに補正が入る弱機体にぴったりの有用アビリティ。
さらに育てれば威圧、好戦、ファイター覚えて攻撃・命中・射程が上がり器用な運用ができる。

ゼクス・マーキス/ミリアルド・ピースクラフト(W)

初期のマスターセレクトで選択可能でジェリドとならんでエリート持ちに加えて冷徹持ち。
初期メンバーにエリート持ちはいない上にスカウトするキャピタルもないので彼を最初に選ぶと楽。
専用のライトニングカウントに加えてその後も身軽、豪傑、勇将、エース、見切り等強力アビリティを覚えるために選択に迷うほど。

ランスロー・ダーウェル(X)

Lv1でエリートを持ちながら冷徹と豪傑を併せ持つ弱小機体の育成職人。
さらに闘将まで覚え豪傑と併せて+28も攻撃力を補正する。
他に目立つアビリティがないこと、レベルUPまでの経験値が主人公クラス並みに高いのが欠点。

リボンズ・アルマーク(00 セカンドシーズン)

Lv1で冷徹、10でエリートを習得可能。更に豪傑、単独行動と順当に火力が高くなり育成向け。
単独行動と威圧での命中アップ補正の豊富さも弱機体にはありがたい補正。
練達を覚えると地形適性の悪い機体の育成もこなせるようになる。
また覚醒値が高く、覚醒スキルも有用なため覚醒持ち育成では一つ抜けている。
ただし能力が高いために初期必要経験値もトップクラスに高くレベルを上げにくいのが欠点。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。