JR貨物、25日から福島向け石油貨物運行 毎日1本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 JR貨物は23日、福島県向けの石油の貨物列車を25日から毎日1本運行すると発表した。日本海側と郡山駅(郡山市)を結ぶ磐越西線が運転再開する26日以降、根岸駅(横浜市)から日本海側を経由して運び込む。1日の輸送量はガソリンや軽油などタンクローリー30台分になる。

 同社は21日から盛岡貨物ターミナル駅(盛岡市)へ向かう石油の貨物列車を1日2本運行しているほか、関東甲信越の内陸部に向かう貨物列車も増発し、被災地などへ石油の安定供給を図っている。

 (朝日新聞 2011年3月23日13時58分)