ルアノク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルアノク
関連のあるキャラジェイヴィクター

※滅びる前のデータである
統治者:ルアノク王
気候:亜寒帯
主要産業:伝統産業 農業 漁業など
王族が治める、諸島からなる小国。主な産業は、蚕や絹などの繊維業。
ルアノクと一言で言っても、大小の民族からなる多民族国家で、漁業を生業としていたり、山岳地帯に住んでいる民族も居て多種多様である。
その民族を取り仕切っていたのが王族一家なのである。

他の国から見たルアノクの一般的な認識は「謎・不思議・何をやってるか分からない」といったものである。周辺国と比べ、見た目も黒髪黒目、
骨格なども違い、余計浮いていたようだ。ルアノクはルアノクで独立してやっているという自尊心があり、周りの国との干渉もなるべく避けてきた部分がある。


ジェイの民族は、普段は草原を遊牧して生計を立てていた。
とはいっても全員が遊牧をしているわけではなく、一部は主に暗殺業専門でカモフラージュするために下っ端が遊牧をしていると言った風である。
(元は機械帝国のある大陸もルアノクの領内であったが、戦乱で島国まで追いやられてしまった)
子どものうちは修行をしながら馬の世話などをする。
大体、暗殺一族がなり済ますのがこう言った素朴な人なのである。

ジェイの父親は遊牧の世話はほとんどせず、一日中酒を飲んでたり作戦を練ってたりそんな感じである。

草原の中を駆け巡っていたのがジェイの幼少時代と言えよう。

しかし、ハイラントの器械の技術が上がり、さらに隣で戦国時代状態だった大陸が、皇帝によって統一され貴族が弾圧され軍人がのし上がってきた頃からこのマイペースにやってきたルアノクに暗雲が立ち込めるようになる。

皇帝率いる機械帝国はハイラントの技術を盗み、それをさらに発展させることに成功した。
それに負けじとハイラントも技術力を上げてきたため、真中に挟まれたルアノクは完璧に遅れを取ってしまったのである。
そうしてハイラント・騎士国家・機械帝国の争いが激化し、ついに領土問題にまで発展していった。

文明化に遅れたルアノクは大国に挟まれ、滅びることとなる。

ヴィクターの民族は特に高度の高い山々の秘境と言われる地帯で、主要な職業が呪術やイタコだというルアノクでも珍しい民族であった。
占いや王への進言で生計を立てていた。
そしてある時占いでルアノクの滅亡を予言した。それを王に進言するか迷った挙句、素直にそう進言したら迫害されたのである。
その時からルアノクのおわりが始まっていた。

ルアノクの飯
様々な民族こだわりのさまざまな伝統料理があるらしい。全部制覇する美食家はなかなかいないようだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。