※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おい、大丈夫かよ!?」
トンネルを超え、いろいろな寒波を乗り越えた彼――ティルの前に現れたのは、巨大な雪山。
そこに、半分微笑みながら死に掛けている銀髪の男を見かけた。
さっきの叫び声はこれか!
「は……ははは……死んだはずの……死んだはずの母さんが……手を振ってるよ……あはは……」
「相当やばいな! ほとんど死亡確定じゃねえかよ!」
「あ、あれ……そこにいるのは……婆ちゃんじゃないか……」
「俺がなぜ婆ちゃんに見える!? 俺男だよ!?」
微笑みの男(命名ティル・シュワンツ)のバックをまさぐると、七色に光るOJIYAを見つけた。
……やばい雰囲気がするので、しまっておいた。

「まあいい! 微笑みの少年……俺につかまれ!」
「ば、婆ちゃん、そうか、三途の川を渡るのか…」
「寝言は寝て言え!!」

彼を背中に背負い、ティルは舌打ちをして、もと来た道を戻っていく。

*  *


「し、死ぬところだった……」
微笑みの男が目を覚ました。心底ほっとするティル。あのまま死なれたら始末にこまるぜ畜生。
「ご、ご親切にありがとうございます。あの、お名前は」
「ティル。ティル・シュワンツ」
そっけなくティルは答える。微笑みの男は(もう微笑んでいない)何度も礼を言った。
「俺はジュンヤ……闇神純也」
「変な名前だな」
微笑みの男改めジュンヤは顔を真っ赤にした……が、ティルは知らん振り。
そして、誰が参加しているのか確認するため、名簿を一瞥した。

――と。

「……んだよ、結局俺ってついてないのな」

彼が見つけたのは、自分の妹の名前。
「俺もこいつと縁が切れないなぁ……メリー」
自分を血眼になって探しているであろう、自分の妹。
また彼は舌打ちをした。

彼女が参加しているのは理解した。……それと同時に、目的も決まる。


「殺られる前に……殺る!!」


でも、武器が、きくまさむね……。
せめて本物だったらもっといい戦いができただろうが、きくまさむねは酒の名前だ。つまりバチモン。
そしたら、能力を使うしかないのだ。

「……一か八かの賭けだ。今までやったことはないけど……あいつを殺るには、これ位しなきゃだめだろう。能力をフルに活用するんだ……」

彼は、自分の中の何かを……
***************
「メ・リ・ィ!! メ・リ・ィ!! メ・リ・ィ!! メ・リ・ィ!! メ・リ・ィ!! どふぁっしょあああん」
「やったよ母さん! シスコン魂を覚醒させたよ俺! ってちがわあああい!!」
***************
自分の中の何かを、必死に押さえつけた。
あかんあかん。

「ティル、さっさといこうぜ」
「当たり前のようについてきてるよこいつ!」
「いいじゃねえかよ。どうせ一人じゃあれだろ? 俺もつれてけ」

こうして、一回死に掛けていた同行者をつれ、
「寒かったから活火山に行こうぜ」
活火山の方角を目指すのであった。

【場所・時間帯】C6・トンネル入り口付近・昼前

【名前・出展者】闇神純也@永春学園物語
【状態】凍死しかけから奇跡の生還
【装備】
なし
【所持品】
ガリガリ君ソーダ味(投げ捨てた)カイロ(投げ捨てた)
七色OZIYA(一口食べたが一応持っておこう、何かに使えるはずだ、きっと…多分…)
【思考】
1.助かってハッピー
2.活火山で温まりたいな♪

【名前・出展者】ティル・シュワンツ@Heroes Academy
【状態】ぶっちゃけ、おぶっていったから疲れた
【装備】
きくまさむね
【所持品】きくまさむね
【思考】
大前提:メリーを殺す
 1.メリーを探す
 2.活火山って遠いんだぞ……オイ

|