※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 「良い?貴方を理解出来るのは私しか居ないのよ」
 「?U? ?IsIN?」
 「ええ、本当よ。通りで私の言ってる言葉が分かるでしょう?」
 「。。。U。。。 。。。IsIN。。。 ?A OUs *pQeLQiQnN_UcQ*?」
 「.Q. .U EmUOK_ANOsUOkIt. .U,U UpEmOtUs EmUOK_ANOsUOkIt.」
 「?。。。U。。。? ?UpEmOtUs EmUOK_ANOsUOkIt?」
 「.U.」
 「!U! !UmxXUc!」
 「.E. ――さあ、そうと分かれば行きましょう」
 「!U!」

全く理解出来ない言語を、蝙蝠のような羽根を持った少女はものの見事に返してみせた。
彼女は傘を差してはいるが、柄と中心の骨が銃となっている。その“傘”の部分も、何故だか丈夫そうに感じ取れた。
そして理解してくれたのか、それを話していた、先ほどの少女よりも小さな少女は、満面の笑みを溢した。
小さな少女……ウー・クリストファは宙にふよふよと浮いており、その小さな両手には物言う剣「ソーディアン・アトワイト」が握られていた。
アトワイトのコアクリスタルが光り、声がしたが2人は一切耳も傾けていない。そもそもウーにはアトワイトの“言語”が通じなかった。

 「私の言うことを聞いてくれれば、貴方の命を保証しても構わないわよ」
 「?IsIN?」
 「ええ、大丈夫よ。私は吸血鬼なんだから、簡単にくたばったりしないもの。私の運命は絶対、よ」
 「!UmxXUc!」

第三者から見れば、何を話しているのか分かるはずが無い。
だが、この目的を把握するのは吸血鬼――レミリア・スカーレットだけで充分であった。

 「(こいつは呆れるほどの純粋無垢で透明だ。……使える。ならば利用し尽くすまでだわ)」


吸血鬼は、微笑んだ。















「良い?貴方を理解出来るのは私しか居ないのよ」
「うー?ほんとぉ?」
「ええ、本当よ。通りで私の言ってる言葉が分かるでしょう?」
「うー…たしかに……。 うー(あなた)、も透明人形(プリオンアーク)なの?」
「いいえ。私は吸血鬼よ。ええ、恐ろしい吸血鬼。」
「うー…?こわぁいきゅけつきさ、なのかなぁ?」
「ええ。」
「うー!すごぉい!」
「ありがとう。――さあ、そうと分かれば行きましょう」
「うー♪」












【場所・時間帯】青色エリア・F7・山村・朝

【名前・出展者】レミリア・スカーレット@東方project
【状態】健康
【装備】ロベルタの傘@BLACK LAGOON
【所持品】ほんやくコンニャク@ドラえもん(使用済)、不明所持品1品
【思考】基本:ウーを利用しつつ、ゲームに乗り優勝する。ウーは使えなくなったら殺す
1:さあ、行きましょう
2:どう利用してやろうかしら
※雨は無理だけど、雪ならセーフのようです
※ウーの言葉が分かるのは、ほんやくコンニャクを食べたからです


【名前・出展者】ウー・クリストファ@いぬ
【状態】健康
【装備】ソーディアン・アトワイト@テイルズオブデスティニー
【所持品】不明所持品2品
【思考】基本:レミリアについていく。レミリアには信用しきっている
1:!UmxXUc!(すごぉい!)
2:?ArQEmQElQU IsIN UpEmOtUs?(レミリアって、ほんとにこわいのかなぁ?)


【名前・出展者】ソーディアン・アトワイト@テイルズオブデスティニー
【思考】1:何があったって言うの!?
2:ところで、何語?
基本:出来る限り助言はする。また、もし持ち主が殺し合いに乗ったらなんとか説得する
※ロワ内では誰でもソーディアンの声を聞くことができます
※また、威力は落ちるもののソーディアンさえ持てば誰でも晶術を扱えます

※レミリアとウーが造語同士で会話している為、2人(厳密に言えばレミリア)の目的どころかここが何処なのかまだ把握出来ていません


【ロベルタの傘@BLACK LAGOON】
ショットガンと防弾繊維を仕込んだ傘。ショットガンは「フランキ・スパス12」である。

【ほんやくコンニャク@ドラえもん】
ドラえもんのひみつ道具のひとつ。食べると、あらゆる言語を自国語として理解できるようになるコンニャク。
自分が話す言語は、相手が使用する言語に自動的に翻訳されるため、言葉の通じなかった相手と自由に会話できる。
自分だけが食べると、他言語使用者と話すときは相手側の言語で、同言語使用者と話すときは自分側の言語になる。

前の話
001 【カリスマブレイク】

次の話
003 ある意味これもトゥーハンド
|