香川大学経済学部で「日本社会経済史」を担当している山本 裕の研究室ページです。
 近現代日本経済史、日本植民地研究を専攻しています。
 コンテンツはおいおい、充実させていく予定です。
 なお、2011-2014年度に、「演習」を中心に研究交流を行ってまいりました、慶應義塾大学経済学部柳沢遊研究室のページは、こちら。(※柳沢遊先生は、2017年03月に慶應義塾大学を定年退職されました)
 2016年度からは、立命館大学経済学部細谷亨ゼミナールと研究交流を行っております。御勤務先での細谷先生の教員紹介頁は、こちら。

■新着ニュース■


  • 「第2回 立命館大学経済学部・香川大学経済学部 日本経済史ゼミナール学術研究交流会(2017年12月9日)」、立命館大学経済学部のweb-site に、このたび掲載して頂きました(2017.12.31)。
 こちらです。
 立命館大学細谷亨ゼミナールとの学術研究交流は2016年から始まりました。
 2017年度は、立命館大学細谷ゼミ(2年生19名参加)・香川大学山本ゼミ(3年生11名[1名欠席]・4年生5名・大学院生1名)、これに加えて延べ12名の香川大学経済学部張暁紅ゼミナール(経営史)の3年生が聴講してくれました。
 報告は、立命館大学側が3グループ行ない、香川大学からは個人研究を4報告行ないました。
 報告論題は、立命館大学側が、
  • 「高度経済成長期の絹織物産業~「着物」の消費・生産から見えてくること~」
  • 「都市問題という高度成長期の影―松下電器と門真市を例に―」
  • 「地域における公営競技の歴史とその特徴―戦後復興期からバブル期にかけての競艇事業を中心に―」
 香川大学側が、
  • 「地域活性化につながるスポーツの存在」
  • 「アイドル市場」
  • 「アニメ映画のヒット要因について」
  • 「日本における西洋楽器産業の生成と発展―鍵盤楽器を中心に―」
 でした。
 立命館大学経済学部のweb-siteからは、今回の学術研究交流会の投稿が消えてしまう可能性もあるので、スクリーンショットを取り、PDFにしました。
 こちら
をクリックすると、閲覧可能です。 

  • 2017年度の演習参加者は、男子学生3名・女子学生9名の、計12名となりました(2017.4.4)。
 ……奇数の代は、参加者が多いという法則、4回連続で成立しております(苦笑)。
 今年の特徴は……、岡山県出身者が多いという事でしょうか。
 ゼミ始まって以来の、鳥取県・広島県出身者も現れました(中国・四国9県の内、山口県・島根県出身者は、未だおりません。滋賀県・大阪府・奈良県・京都府・兵庫県・福岡県・中華人民共和国出身者は、既に現れております)。
 彼等が7期生として、ゼミの伝統を構築していくことを、切に切に願います。

  • 第5期生、10名が卒業しました(2017.3.24)。
 ……5期生の11名が卒業論文を執筆し、単位を修得したのですが……、2期生以来、久々に、「モラトリアムを4年で終わらせない!!」という、強固なる意志を有して断行した学生が現れたこととなります(苦笑)。
 10人の進路は、バラエティに富んでおります。
 ・公務員:2名(高松市役所、東京都世田谷区役所)。
 ・香川県市町村職員共済組合:1名(「準公務員」と称する事も妥当かな?)
 ・金融機関:3名(日本政策金融公庫、香川銀行、高松信用金庫)
 ・住宅販売会社、専門商社(化学)、人材派遣会社、印刷会社:各1名
  彼等の活躍を、期待致します。ココロとカラダの健康に留意して、頑張って!!
 ※ここで、卒業ゼミ生の、「地元就職割合」について、顧みることと致します。
 「地域に密着した国立大学」として、今後はより一層、地元就職が奨励されていく事になるんだそうです(※そのことの是非は、ここでは、触れません)。
 「地元(香川県)で働いているゼミ卒業生」の割合を見れば、
  • 1期生:8名中1名(香川県学校事務公務員)(※岡山県倉敷市、岡山県高梁市の公務員:各1名) 
  • 2期生:5名中4名(土庄町公務員、自動車販売会社、保険会社、出版社)
  • 3期生:9名中3名(高松市公務員、飲料販売会社、香川大学職員)(※中国銀行(香川県下支店):1名、両備システムズ:1名)
  • 4期生:4名中0名(※2017年3月現在、大学院生2名。2名の就職者は共に、大阪に本社を置く企業に就職)
  • 5期生:10名中4名(※岡山市に本社を置く企業への就職者:3名)
※1期生~5期生:36名中12名が「地元(香川県)で働いているゼミ卒業生」。はてさて、この割合をどう見るか?

  • 香川大学経済学部ブログに、当研究室の紹介記事が掲載されました(2017.2.20)
 勤務先の連載企画に、ようやく、登場しました。
 3年生・4年生・大学院生にも研究室紹介の文章を執筆してもらいました。
 私の所では入ゼミ早々の段階から、ゼミ受講者には自身が興味関心を抱くテーマに関する卒業論文の作成に着手してもらい、ゼミ生みんなの前で中間報告を行って質疑応答を繰り返すことで、「他者に伝わる研究」・「仲間の研究を我が事のように捉えて、みんなで仲間の研究成果を共有する」ことを目指しています。
 興味関心の赴くままに、自由に研究テーマを追求するという環境が影響したのか、これまでのゼミ卒業生28人(2016年3月末時点)の中から、6人の大学院進学者が現れました。21.4%の割合です。
 入ゼミ希望者を誰一人断ることなく、このような成果を修めることが出来たことが、私のひそかな誇りです。
 ……ただし、母校の学部・大学院でお世話になった先生から頂いた言葉で、今も記憶に残っているものがあります。
「ゼミとか持つと、ゼミの学生を大学院に進学させようとか考えてしまいそうになるんだけれど、それだけが全てではない。
 全てのゼミの学生に、研究が如何に尊いか、研究を支える「知」が如何に素晴らしく尊いかを認識してもらったうえで、広く社会で活躍してもらう事こそが大事なんだよ」
 ……前途遼遠。
 ブログに掲載された写真に登場する「熊」は、ゼミの2期生から卒業記念に頂いたものです。
 「研究室の「真の主」」として、ゼミ生達から慕われています(笑)。 
 紹介記事は、こちら。


  • 2016年度の演習参加者は、男子学生3名・女子学生2名の、計5名となりました(2016.4.6)。
 ……偶数の代は、参加者が少ないという法則、3回連続で成立しております(苦笑)。
 一方、奇数の代は参加者が多いという法則も、3回連続で成立しているという……。
 今年は、教員志望者が2名という、経済学部生の進路としては、やや、個性的な学生が複数加わることとなりました。
 彼等が6期生として、ゼミの伝統を構築していくことを、切に切に願います。

  • 第4期生、4名が卒業しました(2016.3.24)。
 みんな年齢が異なる、バラエティに富んだ学生達でした。
 卒業生の進路は、民間企業(メーカー:2名[自動車部品、衛生用品])、大学院進学という、
今年度も昨年度に引き続き、バラエティあふれるものになりました。
 彼等の活躍を、期待致します。





■コンテンツ一覧


教員紹介

教員研究業績 社会活動

担当科目一覧

教員の問題関心

香川大学メールマガジン第163号(2012年6月号)

過去の新着ニュース


合計: -
今日: -
昨日: -
トップページの合計: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。