元キン

アニメネタ一覧>元キン

今の俺はキングではない!


遊戯王5D'sの登場キャラ、ジャック・アトラスのこと。
ネタ成分、やや尊大な言動、特定のモンスターの特殊召喚に拘るデュエルスタイルなど随所に原作の海馬社長との共通点を持つ。

物語開始時は、元遊星の仲間でありながら圧倒的な強さによる「エンターテインメント」で観客を魅了する、
「デュエルキング」として圧倒的な存在感を見せつけていた。
しかしフォーチュンカップで遊星に敗北しキングの座から転落。彼の自伝映画の取材に来た記者の陰口
「タイトルもロード・オブ・ザ・元キングに変えるべきだぜ」からこう呼ばれるようになった。
また彼の偽物の「もはやキングではない!否、ジャック・アトラスですらありはしない!」というセリフから
「元ジャック」と呼ばれることすらある。
当初は蔑称ではなくあくまで愛称であったが、完全にギャグキャラに転向し性格が崩壊するにつれ、
侮蔑の意味もこめて使われることも多くなった。
詰めデュエルで明らかに度を越した馬鹿な行動を取ったり、不自然なD-ホイール事故を起こしたりと、
一時期かなりスタッフから冷遇されていた。

性格はプライドが高く傲慢だが仲間思いな一面を持つ。
初期では遊星の《スターダスト・ドラゴン》を盗むなど、他人のことをあまり顧みない性格だった
(この点も原作の海馬社長と似ているが)。
しかし、カーリーとの出会いや仲間たちとの共闘によりそういった部分は徐々に薄れていき、精神面で成長をみせていく。
ダークシグナーになってしまい無意識に周囲の人を傷つけてしまうことに苦悩するカーリーを救うため、
覚悟を決めたジャックが《セイヴァー・デモン・ドラゴン》で攻撃するシーンは作中屈指の名シーン。

その後、主人公の絶対的なライバルキャラからコミカルなギャグキャラへとポジションチェンジを果たす。
働かずに1杯3000円のコーヒーを飲む・カップラーメンに異様な執着を見せるなど非常識な行動が目立つ。
そういったことから本スレやアニメ実況版ではよく「ニート」とネタにされることが多かった。
(実際このレベルにまで達すると「パラサイト」と呼ぶほうが適切ではある。)

WRGP編では目立った活躍は無かったが、その後各地を飛び回り武者修行を行い、
ボマー・シェリー・鬼柳といった強敵をして完敗を認めるなど大幅にパワーアップ。
さらに最終回ではZONEを打ち破り世界を救った主人公、遊星と互角の戦いを繰り広げた。
互いのエースカードを出し尽くした上で敗北するも、最後の最後で「強いジャック」の株を取り戻すことに成功した。
未来では真のデュエルキングとなり、様々な大会(シングルリーグ)を制覇している模様。

彼のデッキは悪魔族・ドラゴン族・岩石族・戦士族を中心としたスタンダードな【シンクロ召喚】。
「リゾネーター」に代表されるチューナーと上級のドラゴン族・岩石族を駆使し、
エースモンスターである《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の召喚を狙う。
作中で彼が自身のデッキを「パワーデッキ」と称していることからも分かるように、
5D'sのキャラクターでは珍しく、高等なプレイングを駆使せず1体の攻撃力を上げて力押しする戦術を好む。
そのため、単純な攻撃反応罠に引っかかって敗北し、「ジャック・アホラス」と本スレ民や実況民に言われることも。
彼のデッキがOCGでそこまで強くないのもこうした彼の「1体の力押しで決める戦術」が影響しており、
実際彼の使用したカードには現環境必須と言われる除去や大量展開をする効果を持ったものがほとんどない。
反面、《デモンズ・チェーン》・《バトルフェーダー》・《スクリーン・オブ・レッド》等、防御カードに関しての評価は高い。
そのためOCGでの彼の再現デッキは作中で「プレイングスキルが低い」とされる龍亜のデッキよりも単純な動きだったりする。
5D's最後のパック「EXTREME VICTORY」でようやく本格的な強化が行われたものの、
それでようやく並のデッキのレベルに到達した程度。
遊星クロウ鬼柳といった仲間たちが使用していたデッキが次々と環境に食い込む中、
彼のデッキは上記の理由からお世辞にもそこまで強いとは言えず、彼のファンである本スレ民はよく愚痴をこぼしている。
また、彼が使用したカードの中で《チェーン・リゾネーター》、《ショック・ウェーブ》など、
OCG化していないカードの中には有用なカードが数多く、「DPジャック編を出せ」という声が放送終了後も絶えない。

余談であるが中の人、星野貴紀はアニメGXで《オネスト》も演じており、声優会屈指のデュエル愛好家として知られる。
本スレ同様《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を「250円」「レモン」と略したり、ジャックを「元キング」と呼んだり、
Vジャンプ・ストラクチャーデッキの3つまとめ買いを仄めかしたりと本スレの文化についても理解がある様子。
2007年には鬼柳の中の人同様『先ヨミジャンBANG!』に出演、《光帝クライス》や《魔導戦士ブレイカー》を入れた
【グッドスタッフ】を披露していたが、現在は使用デッキを大幅に変更、数も増やしている。
現在の所持デッキはジャック再現デッキ(悪魔族を軸に天刑王の召喚も狙うとか)、【代行天使】、【パワーツール装備ビート】。
かつては【アステカ】も使っていた。
また、自身が出演していない回であってもアニメ5D'sの再放送は見逃さず、放映の度に感想をツイートしている。
某動画では5D'sの手描き絵まで披露している。