アド


アドバンテージの略。
「アドをとる」といった風に使われる。

遊戯王においての意味は簡単にいえば使用したカードの数より多い枚数のカードをドローまたは除去すること。
つまり、「どれだけ自分のカードを増やし、相手のカードを減らせたか」と言うことである。
反意語は「ディスアド」(ディスアドバンテージ)または「アド損」(アドバンテージの損失)と呼ばれる。
1枚のカードで多くのカードを除去またはドローできた場合は「爆アド」(爆発的アドバンテージ)と呼ぶ。
爆アドを叩き出すようなカードは基本的に制限・禁止の対象になる。
最近禁止カード入りしたトリシューラはその最たる例であろう。

一転して少数のパックやDTから高額カードを引き当てたり、
個人経営カードショップの勘違いやヤフオク等で高額カードを安く購入できたりといった金額的な意味でも派生で使われる。
パック発売時に「爆アドをとった自慢」を行う者がいるのは本スレ遊戯王関連サイト、カードショップなどどこでも同じである。

「情報アド」「テンポアド」など他の言葉と繋げたりと使い方は様々。
本スレでは使用頻度はかなり高く、バカの一つ覚えみたいにアドアド言っている。

主なアドバンテージの一覧

見えるアドバンテージ

  • ボードアド
「場アド」とも。フィールド上のカードの枚数におけるアドバンテージ。
戦闘でモンスターを破壊する、除去カードで相手のカードを破壊する、自分のモンスターを召喚するなどする事で得られる。

  • ハンドアド
手札の枚数におけるアドバンテージ。ドローカードやハンデスカードを使う事で得られる。

上記2つを総合して一般的に「アドバンテージ」と呼ぶ。
例えば手札のモンスターを召喚した場合はハンドアド-1、ボードアド+1で総合的なアドバンテージは差し引き0となる。

見えないアドバンテージ

  • 墓地アド
墓地利用カードを多用するデッキにおいて、利用できるカードがどれだけ墓地にあるかという事。
除外利用デッキにおける「除外アド」も存在するが、除外を利用するデッキ自体が少ないためあまり使用される事はない。

  • 情報アド
本来非公開情報である手札やセットカードの内容をどれだけ把握できているか、という事。
あくまで直接的なアドバンテージには繋がらないため、あまり情報アドを重視しすぎるのは得策ではない。
情報アドの損失を恐れて目に見えるアドバンテージを失うなど問題外。

  • テンポアド
相手の行動を遅らせる事。《強制脱出装置》などのバウンスカードに代表される。

  • イラストアド
イラストが秀逸なカードの持つアドバンテージ。デュエルに影響は及ぼさないがシングル相場に大きく影響を及ぼす。
【ガスタ】などはこのアドバンテージの恩恵を最大限に受けているテーマと言える。

関連項目
夢は爆アド





コメント欄
  • アドや〜 -- 名無しさん (2012-09-18 15:55:20)
  • 強制脱出装置はテンポアドだけじゃない、シンクロやエクシーズを戻せば除去になる -- 名無しさん (2016-02-21 16:30:26)
名前:
コメント: