04話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#04「空理彷徨のランデブー」


※あらすじの内容について問題がありそうな場合は掲示板での相談、または編集で調整して下さい。
公式サイトSTORY…あらすじ、用語集、次回予告→ http://steinsgate.tv/story/story04.html

4話あらすじ


2010/07/31-朝
ハッキングしたSERN職員の電子メールに書かれていた「Human is Dead,mismatch 」の文字は、岡部とダルに戦慄を与えた。
彼らはさらにSERNで謎のデータベースにハッキングを行おうと試みるが、使われている未知のプログラムコードに阻まれてしまう。
岡部は鈴羽やジョン・タイターとのやりとりで知ったパーソナルコンピューター、“IBN5100”の存在を思い出す。
そのレトロPCは、BASICが登場する以前のコードで記されたプログラムを解析できるマシンであった。
SERNのコードをハッキングする鍵はIBN5100にあると推測し、岡部はジョン・タイターにメールで連絡をとる。

徹夜続きの岡部とダルの衣服を洗いにコインランドリーに向かう岡部とまゆりは、階下で鈴羽と顔を合わせる。
いつのまにか鈴羽とまゆりも顔見知りになっていたようだ。
店長に子供扱いされた鈴羽は自分を戦士だと言いはるが、岡部は「バイト戦士」としてまともには受け止めない。

岡部が鈴羽と話している間、まゆりはラボ前の路地で空に向かって手をかざしていた。
岡部が「星屑との握手(スターダスト・シェイクハンド)」と名付けているその行動は、まゆりが小さい頃に他界した祖母の事が関係しているらしい(→公式TIPS
一方、紅莉栖は日本にいる間に宿泊しているホテルで、ラボで見たタイムマシンについて考え込んでいた。

2010/07/31-12:30過ぎ
岡部はコインランドリーでジョン・タイターからのメールを受け、SERNのデータベースに使われているのがIBN独自のプログラムコードであり解読にIBN5100が必要だと知らされる。
勢い込んでSERNの陰謀を挫こうとする岡部だが、ダルは熟睡、まゆりはバイトで一人で出かける。
メールで何度もIBN5100の情報を催促してくる萌郁も、何の情報も持っていないようだ。

街中で偶然再開した紅莉栖に協力を求めるが、紅莉栖は頑なにタイムマシンは論理的にありえないと否定する。
「父と同じ失敗は繰り返さない」と言う紅莉栖には、何らかの事情がありそうだ。
紅莉栖はSERNが繰り返しているタイムトラベルの秘密実験を暴くのにIBN5100が必要だと聞き、興味を示す。

(原作ではここから8/1だが、アニメではここ以降に日付の表示は無く、紅莉栖が「さっき会っただろうが」と言っている事から、このWiki内では暫定的にここ以降も7/31として扱っている)
IBN5100の所在を探していた岡部は、さんぽで昼食中にまゆりからフェイリスがIBN5100の情報を持っている事を聞きメイクイーンに向かう。
情報を賭けて『雷ネット・アクセスバトラーズ』のゲーム大会に出場した岡部はG-BACK作戦でフェイリスに挑む。

フェイリスによると、彼女の父親がIBN5100を所有していたことがあり、現在は秋葉原の柳林神社に奉納しているという。
紅莉栖は知り合いからIBN5100に岡部の言うような独自機能が本当にある事を聞き、気になって岡部に合流する。
柳林神社に向かった岡部は、そこであっけなくIBN5100と対面することに。
神主のるかの父によると、IBN5100を奉納した人物は、
「いつかこのパソコンを必要とする若者が現れるから、大事にとっておくように」との言葉を残していた。
るか子と父親の仲の良い様子を見ている紅莉栖に対して、何かを感じとる岡部。

まさしく運命の巡り合わせ──“運命石の扉(シュタインズ・ゲート)の選択”に岡部は興奮しながら、紅莉栖とともにIBN5100をラボへと運ぶのであった。
……ただしIBN5100は30kg近くある……


(END)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。