(04)250 『スッペシャル3Dショー』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



喫茶リゾナントの地下室。
入り口には「特訓中!誰も入るべからず!破ったら3食梅干のみの刑に処す」と書かれた紙が貼り付け

てある。
そして私、新垣里沙はその扉の前で立ち尽くしていた。
なぜこうなったのかと言うとーーーーー

時間は少し前に遡る。

「小春ー!たまにはれいなが特訓につきあったるけん、地下室に顔貸しー」
「はぁ?・・・何か企んでません?」
「あぁ、企んどる。なん、小春にとっても悪い話じゃないけん」

そう言って引きづられるように連行される小春。

(ちょ、何の特訓よ・・・必殺技とかなら報告しないと・・・)

愛ちゃんの目を盗んで、こっそり抜け出した。
そして冒頭へ戻る。



果たして、この中では何がーーー
そっと耳をドアにくっつける。
      • 一つの音も聞き漏らすわけにはいかない。

「どうです?どうです?小春天才じゃないですか?」
「おぉ~!すごーい!!ちょ、感動したっちゃ!早く早く、れいなにも!」
「はい・・・大盛り分はサービスです!」
「越後屋、そちも悪ですのう」
「いやいやお代官様も」

はっはっはっ

一体なんなんだ。
これが特訓中の会話なのだろうか。
だとしたらリゾナントレッドの新技か何かが成功したらしい。

これは・・・知っておく必要があるだろう。
そっとドアノブに手をかけ、ゆっくりとひねりほんの少しの隙間から中の様子を伺う。

そして私の目に飛び込んできた光景はーーー



「あー、Tシャツ伸びちゃうーどうしようーっ」
と言いながら胸あたりをさすっている小春。

ぴょんぴょんジャンプするのにあわせて
ぷるんぷるん揺れる胸のその様を楽しみ、
ひとしきり跳ね終わったら「あー肩こったちゃ」と呟いてみるれいな。

(な・な・なななにをしているのあの子たちは!)

どうやら小春の念写でその・・・理想の乳を描いた、らしい。
自らの身体をキャンパスにして。
二人ともすごくいい表情をしていた。
今までに見たことないくらい。

さて、この報告はーーー

うん、やめとこう。

誰にだって秘密の一つや二つあってもいいよね。
そう心に決め、ぐっとその扉を開いた。
仲間に入れてもらうために。
梅干がなんだ。年上の威厳がなんだ。
女には引くに引けない場面というのがあるのだ。