ゲームの概略

EditThisPage    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームの概略


「UOで人狼」は、村人サイドと人狼サイドに分かれて戦う団体戦です。
しかし、誰がどちらサイドに属しているかは、あらかじめ知らされません。
ですから参加者は、誰がどちらサイドに属しているのか推理しながら、
ゲームを進める必要があります。

村人サイドの武器は「リンチ」です。
人狼の疑いがある人を一人、「多数決で選び、ゲームから排除する」ことができます。
ゲームから排除された人は、ゲーム上「死亡」したことになります。

人狼サイドの武器は「人狼の牙」です。
任意の人を一人、「噛みついて食べてしまい、ゲームから排除する」ことができます。
ゲームから排除された人は、ゲーム上「死亡」したことになります。

このようにして、参加者を一人ずつゲームから排除していき、
敵サイドの人を全てゲームから排除することができれば勝ちになります。

でも気をつけてください-
誰がどちらサイドに属しているのか、完全に知ることはできません。
推理を間違えると、味方をリンチしたり、味方を食べてしまうことになりますから。

●「役」


ゲームの参加者全員には、それぞれ「役」が割り振られます。
これらの「役」は、例えば人狼の攻撃を防御できる能力など、
役ごとに異なる特殊能力を持っています。

標準的な役は-
[村人サイド]祈祷師・牧師・村人
[人狼サイド]人狼・狂人
の5種類です。標準的な役については後ほど解説します。
また現在、これらの標準的な役に加え、様々な「特殊役」が提案されています。
これらの「役」は、「役」ごとに違った戦略と楽しさがあります。

●ゲームの司会者


「UOで人狼」を遊ぶには、司会者が一人必要です。
司会者の役目は、ゲームの進行係兼審判です。

ゲームの参加者は、他の人がどちらサイドに属しているかを知りません。
また参加者は、他の人に何の「役」が割り振られているかも知りません。
ですから、一方のサイドが全滅したかどうかや、「役」として
ルールに則った行動をしているかどうかを判断するために、
誰がどちらサイドに属し、何の「役」であるかを「全て知っている人」が
必要になります。それが司会者です。

ゲーム開始時、参加者に「役」を割り振るのも、司会者の役目です。

●ゲーム会場


ゲーム会場には、ゲーム参加者全員が一堂に会する「広場」と、
2~3人に分かれて集まる「部屋」が数部屋、参加人数に応じて必要です。

「広場」には、生きている参加者が集まって会議を行う空間(ある程度の広さ)
が必要です。また、会議をじゃましないように、「広場」のすみには
死んでしまった参加者が座る席と、観戦者が座る席を設置するのが普通です。

「部屋」には、2~3人ごとに分かれて入室することになります。
このとき注意すべきことは、「隣部屋の人たちの会話や行動が
見えないようにする」ことです。
そのため、あらかじめ敷物を敷いておくなどして、
部屋内での立ち位置を限定する必要があるかもしれません。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|