UOで人狼について

EditThisPage    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UOで人狼について


●「UOで人狼」のイメージストーリー


ある日、あなたの住む平和な村に、人狼が紛れ込みました。
昼は村人に姿を変え、夜は村人を喰らう「人狼」。
このままでは、村は全滅してしまうでしょう。

あなたは知恵と勇気をふりしぼり、人狼の牙から村を守らねばなりません!

●「UOで人狼」はどんなゲーム?


「UOで人狼」は、パーティゲームの「汝は人狼なりや?」を、
ULTIMA ONLINEのゲーム内で遊べるようにアレンジしたものです。

「UOで人狼」は会話を中心に進行する、推理と説得のゲームです。
発言の仕方とアイテムの受け渡し方法さえ知っていれば、誰でも参加できます。
また、特別なスキルやアイテムは必要ありませんから、初期キャラでも参加できます。

「UOで人狼」は団体戦です。村人サイドと人狼サイドに分かれて戦います。
場合によっては他の仲間のために自分が犠牲になるような行動が求められます。

しかし!
誰がどちらサイドに属しているかは、知らされません。
それを推理するのも、「UOで人狼」の楽しさの一つです。

(「汝は人狼なりや?」について知りたい方は、ネットで検索してみてください。
Wikipediaなどに、より詳しい情報があるはずです。)

●「UOで人狼」の歴史



最初-


UO漫画で有名なRobinさんのサイトで、
「ブリタニアで汝は人狼なりや?をやってみよう」
という呼びかけとともに、基本ルールが提案されました。
その後、最初のゲームが瑞穂シャードで行われたのを皮切りに、一時は無限シャードを含む全ての日本シャードで、ゲームが定期開催されていたそうです。
現在では、一時に比べ開催ゲーム数が減少していますが、3~4のシャードで週一回の割合でゲームが開催されています。

また-


Robinさんによる基本ルールの提案後、様々なシャードでルールについて試行錯誤が繰り返されてきました。
現在では参加人数や状況により、様々な異なるルールが存在していますが、
瑞穂シャードの人狼コミュニティである「名無し村」で発達してきた、いわゆる「名無し村基本ルール」をベースにして、様々な「特別役」を追加してゲームを行うのが、現在の主流になっているようです。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|