※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペルカード


カードの種類の1つで、バトルゾーンに残る駒としてバトルを行う、多くの場合においてゲームの中心となるカードの種類。
同様にカードの種類の1つであるイベントエフェクトよりもキーワード能力の種類が多いのも特徴で、ゲームの幅を大きく広げる立役者でもある。


星符「メテオニックシャワー」 黄  (3)
スペルカード:霧雨 魔理沙 人間/魔法使い 2500
■グレイズ2(このスペルカードがバトルによって破壊される時、霊力を2支払う。そうした場合このスペルカードは破壊されず、バトルゾーンにとどまる)


すべてのスペルカードにはカード全体に記された共通のテキストの他に、キャラクターとその種族、そしてスペルカードのパワーが記載されている。

バトルゾーンに置かれている場合、スペルカードは「攻撃」を行い、スペルカード同士の「バトル」や、相手の宣言カードブレイクすることができる。
ただし、場に出たカードは通常、そのターンに間「祈祷中」となって攻撃をすることができない。

基本的にスペルカードは手札から、それぞれ指定されたコストを消費して召喚することになる。
しかし、それ以外にも「霊符変換」(ディスペル・エグゼ)など、召喚以外でスペルカードをバトルゾーンに出す手段は存在する。
  • 当然、これらのカードの能力で場に出した場合は、そのスペルカードを召喚した扱いにはならない。これは「召喚したとき」と書かれた能力に影響する。そのカードの能力がどういったものなのかきちんと確認しておこう。

  • 特殊なスペルカードとして、スペル・ドライブというものが存在する。こちらはスペルカードとして扱うものの、いくつかの点で通常のスペルカードとは異なる性質を持つ。詳細はスペル・ドライブの項を参照。

参考