※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

霧雨 魔理沙(使用者)


東方Projectの二人の主人公の片割れ。普通の魔法使い。
種族としては人間/魔法使いを持ち、今後人間、魔法使いで強化が見込めるだろう。

パーソナルカラーとしては。サブカラーにを持つ。優秀なブロッカーや後一押しの打点を通すパワーとスピードでの強引なプレイングが可能。

黄にアクティブアンアクティブをコントロールする能力や魔力によってのパワー上昇サブカラーブロッカー破壊能力、神速先制攻撃などの能力等攻防そろった良質なスペルの多い優れたパワータイプ。

グレイズも得意で、バトルでの耐性が高く場持ちがいいのも特徴のひとつ。
魔霊玉を持っているスペルも自身で持っているため、デッキ内での魔力量を上げることは容易い。

ハイパワーで素直なスペルが多いので、初心者にも優しい。
スペルの総数も多いため構築は容易。
EX01 恋夢の螺旋にも魔理沙の基礎カードが封入されており、そちらをベースに構築してもいい。第二篇 夏鏡粋月ドライブ星符「グラビティビート」等も強力。


恋符「マスタースパーク」 黄 (7)
持ち主 霧雨 魔理沙 人間/魔法使い 8500
Wブレイカー
このスペルカードが攻撃するとき,魔力を支払ってもよい。そうしたとき支払った赤、黄魔力の数1につきこのスペルカードのパワーは+500される。
魔力を消費する事でパワーの上昇を行えるスペル。魔力をつぎ込んだだけパワーを青天井に上げられる。


魔符「スターダストレヴァリエ」 赤 (3)
スペルカード:霧雨 魔理沙 人間/魔法使い 2000 
■先制攻撃 (このスペルカードはバトルするとき、相手のパワー上昇修正の影響を受けず、同じパワーのスペルカードとのバトルに勝つ)
先制攻撃を持った赤の魔理沙。パワーアタッカーフレア、その他パワーの修正を与える強化系能力を無効にし実質パワー3000として機能する。


星符「グラビティビート」 黄 黄魔霊玉  (5)
スペルカード:霧雨 魔理沙 人間/魔法使い 6000
■スペル・ドライブ-EX 自分の霧雨魔理沙1枚の上に置く。
■このスペルカードをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のスペルカードを2枚まで選び、アンアクティブする。
■W・ブレイカー
◇グレイズ5
■このスペルカードが攻撃するとき、魔力を2支払ってもよい。このスペルカードのパワーを+2000する。
魔理沙のスペル・ドライブEXスペルなのでどの色の魔理沙からでも繋げられる。
召喚時に相手のスペルカードを二枚アンアクティブ状態にしてW・ブレイカーを通しにいける。グレイズコストは5と重いがタイミングがあればかなりの粘り強さを発揮する。また、魔力でパワーをあげることも可能。


星符「エスケープベロシティ」 緑 (4)
スペルカード:霧雨 魔理沙 人間/魔法使い 3000
◇神速4―魔3(このスペルカードはどのタイミングで召喚してもよい。そのときのコストは4とする。もしくはそのときのコストを魔力3点で代替してもよい)
◇このスペルカードが神速召喚したとき、攻撃している相手のスペルカードとバトルしてもよい。
■グレイズ魔2
神速召喚可能なスペルカード。通常召喚と同じコストで神速召喚可能。また魔力の場合だと3コストとワンテンポ早く出せる。
うまく2000以下のスペルを返り討ちにしてスピードアタッカーとして運用したい。

魔理沙のスペルカードは魔力を組み込んだものが多く、人間種族の中では現状唯一魔力タイプとして環境の中にいる。
他の能力特化の魔法使いなどとは違い、魔力を強力なパワーとスピードに変換して戦う攻撃的なプレイングが得意。

魔力効率は良くは無いので燃費は悪いほうだが、かっちりはまらなくても対応力のあるカードで融通の利くプレイングが可能だろう。

相性のいいキャラクターはより防御面をカバーでき、同じ色にスペルが多いアリス・マーガトロイドや、同じ魔法使いパチュリー・ノーレッジなど。

アリスをサポートに選んだ場合は、より序盤での防御力も増して魔理沙でのフィニッシュが安定する。

パチュリーを選んだ場合はどの色の特性を取り入れるかを選びやすいためそれぞれの特性で魔理沙を支えるデッキになる。
他の色を組み合わせてデッキを構築する場合は各色の魔力を持った妖精たちもうまく組み込めば魔理沙の動きもサポートしやすいだろう。

ベースが魔理沙であれば魔力デッキとしては安定するので、初心者が魔力デッキを体験するにもちょうどいいかもしれない。


関連カード

使用者が霧雨 魔理沙のカード

霧雨 魔理沙のスペル・ドライブ

霧雨 魔理沙のスペル・ドライブ-Hard

霧雨 魔理沙に関連する効果を持つカード

イラストのテーマが霧雨 魔理沙のイベントエフェクト


参考