goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2013 > 11 > 04-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海外経由接続な方へ


絶妙なタイミングでやってきました。
恒例のKDDIルーティング障害。

国内からVPNを使用せずに国内のサーバに接続しているにも関わらず、
ping応答時間が250ms超になるような状況の方が 相当数いらっしゃるようです。

いきなり余談になりますが、東日本大震災発生時、東京から北へ向かう通信網が仙台近辺で完全に分断されました。
しかし、東京札幌間で通信不能となった時間は1秒未満だったと言われています。

これは経路上の通信機器が障害を検知し、自動で日本海側(新潟)経由ルートを選択したためであり、
元々軍事用に開発された大規模分散型ネットワークであるインターネットの特性が生かされた、
世界的にも貴重な事例であるとされています。

さて話は戻って今回のトラブルは過去に何度か発生していますが、
KDDI系通信キャリアから特定データセンタへのルーティングに障害が発生し、
自動で迂回接続が行われていると考えて間違いないと思います。

今回伺った内容ですと、国内からの接続であるにも関わらず
一度ヨーロッパへアクセスし、そこから折り返して国内のデータセンタに到達するルートになっているようです。

この状態が意図したものであれば これこそインターネットのすばらしいところ なのですが、
国内にも迂回ルートは存在しますのでヨーロッパまで迂回する必要は無いでしょう。

さすがKDDIです。
(参考)ゼロゼロワンダフル

ここからが本題ですが、障害発生時に待機系ルートへの切替は全自動で行われますが、
その後の復旧は手動であるケースが多くなっています。

そのため、忘れられていると永久にこの状態が継続します。

本当に永久と言うことは稀でしょうが、私の知る限りで数週間続いたことはありました。

この状況に陥っている方は早めにKDDIのコールセンタへ連絡しましょう。

( - )