goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2013 > 10 > 05-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3フレーム遅延問題 2


最近、予想しないものが大反響となる傾向があります。
掲題の件ですが。

残念ながらBF3でもBF4でもこの問題が解消する可能性は極めて低いでしょう。


Windows8.1にて投入されるDirectX11. 2 にてこの問題を改善するための手段(Direct3D low-latency presentation API)が提供されます。

上記リンク先では件のフレームあたり17ms遅延の問題について何度も触れられています。
(17msは16.666...msを切り上げているので3フレームだと51msではなく50msになります)

またサンプルとして例示されている分かり易い名前のAPIIDXGIDevice1::SetMaximumFrameLatencyでは遅延させるフレーム数が指定出来ますが、
このAPIはDirect9Exの時代から存在していました。

何も指定しないと3フレームの遅延になりますが、
1フレーム遅延などを指定するとフレームレートの低下を招きます。
あくまでも理論上の話で実際にどうなのかはケースにより異なりますが。

前述の通り、3フレーム遅延問題への対策はDirectX11.2に盛り込まれるため、
DirectX11.1で改善する計画は存在しないようです。

言うまでも無くBF4はDirectX11.1のAPIにしか対応していないため、
Windows8.1(DirectX11.2)の環境で実行しても、
前述のような対策の恩恵を受けることは出来ません。

( - )