goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 06 > 11-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BATTLEFIELD HIGHLINE Beta


今朝、起床直後にベータ参加権取得。
出社前に1ラウンドだけトライしようかと。

しかし...

またこれか


申し込んだのはHARDLINEなのですが。

HIGHLINEのBetaテスト参加権がもらえたようです。

ベータテストに関する規約の話も同様ですが、かなり悪い意味で「適当」な仕事しているように感じます。

取り敢えず出せばいい。こんな感じでしょうか。

ゲームの中身については私のような素人がどうこう申し上げるべきではないので
皆さん自身でベータテストに参加されることをお勧め致しますが、
マップサイズと人口密度の関係は思ったより過密では無いかもしれません。

敷地面積(地面の広さ)ではSiege of Shanghaiの1/3~1/4とかなり小さいのですが、
高層ビルが多数存在しており、地下や高層階にも移動出来るため「床面積」にするとかなり広く感じます。

あくまでもマップ1枚ですので参考にもならないかもしれませんが。

また、思ったほどプレイヤーが居なかったのは残念でした。
朝一番ですので国内サーバにプレイヤーがあまり居ないのは当然なのですが、
海外もざっと覗いたところどの地域もそれほど活気がありませんでした。

ちなみに日本のサーバは32スロット機が1台満員になるかどうかの低水準。
夜はもっと混雑すると思いますが。

気になったところ その1


エンジンはBattlefield4と同じFrostbite3そのものを使用していると考えて間違いないでしょうが、
CTEでNetcode修正作業が進んでいた期間にこちらも並行開発されていたと考えられるため、
まだ古いコードベースで開発作業が進んでいるものと予想しています。

恐らく製品版リリース時にはBattlefield4と同様になるでしょう。

ちなみに環境設定画面にHIGH FREQUENCY UPDATE(正式名称失念)の項目は存在しませんでした。

気になったところ その2

朝の出社前でしたが気になったので2号機でも確認しました。

あった。無かったらどうしようかと思いましたが。(笑)

私の環境では普通に動いていました。
先日軽く触れたPentium DualCoreですが。

消費者の立場ですから原価云々はお門違いなのですが、
かなり低コストで開発されている可能性が濃厚なのに
Battlefield4より約10%安いだけの価格設定には違和感があります。

( - )