goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 06 > 08-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑感 0061


雑感と言いつつもお詫びから。

New Netcodeの(6)と(7)は近日中


ピストルを使うと色々面白いことがわかりそう。
とお伝えしたままになっておりますが、恐縮ながら週明けに調査を再開致します。
追加で御連絡を頂いた「上手い人が有利になったって本当なの?」についても調査致します。

恐縮ながら今暫くお時間を頂きたく存じます。

Celeronじゃダメでした


Celeron DualCoreでBattlefield4をプレイしようとしたお話。
題名が結論になっていますが。

Celeronにも色々とありますが、
今回トライしたのはSocket775(Core2Duo時代)のCeleron E1200なるCPU(1.6Ghz)です。

ここまで低性能でもMantleなら…
某AMD社の宣伝に依れば85%Upするそうですので充分勝算有り。
もし100%ぐらい性能Upしたら某AMD社の宣伝で使ってもらおうかと。(笑)

結果は惨敗。そもそもゲームが開始出来ず。
マップロード時間が長すぎて、サーバ接続時にタイムアウトしてしまいました。

このE1200は低性能、低価格ながらオーバークロック耐性が非常に高かったため、
飛ぶように売れたCPUだったことを記憶されている方も多いと思います。

FSBクロックが200Mhzと低く設定されており、
当時のM/Bは400Mhz対応が当然の時代になっていたため、
倍率変更が出来ないCPUですがFSB変更で十分にオーバークロックが可能でした。
そして電圧を変えずに50%Upの2.4Ghzが普通に実現出来るとの評判。

ちなみに私が所有してるCPUでは333Mhz * 8 = 2.666Ghzで何事も無かったかのように安定稼働していました。

あっさり66%Upです。

さて、2.666Ghzに設定して再度Battlefield4にてサーバ接続開始。

残念ながら玉砕。
これでもタイムアウトしてしまいました。

ちなみに同世代のPentium DualCore E5200(2.5Ghz)では無事にゲームが開始出来ることを確認しているため、
L2キャッシュ容量が小さいことが原因だと思います。

近いうち、E5200でMantleごっこしてみたいと思います。

プレイヤー増加はBattlefield3からの流入か?


残念ながら本日は4,000名に到達しませんでした。
日曜日はピークに達する時間が早く、
22時台にピークがやってくることが多いようです。

それでも3,800名程度に達しており、一週間前と比較すると10%以上の増加となっています。

ざっくりと眺めたところ、比較的プレイ時間の短い方が増えているようにも感じますので
Battlefield3無料期間にプレイされてBattlefield4を購入された方が相当数いらっしゃるのかもしれません。

近いうちに少々調べてみます。

( - )