goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 05 > 23-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Procon 日本語対応版 その2


皆々様のおかげで順調に試験は進行中です。

Procon Rulez

皆さん良く御存知の!rulesを実現するPluginです。

しかし、私は全く知りませんでした。(苦笑)
管理者としてどころかプレイヤーとしても使った記憶がありませんでしたが...

「Procon日本語版でProcon Rulezに日本語を設定すると化ける」との御指摘を頂きました。

早速調査致しましたところ、
テキストファイルに定義情報が保存されるPluginの場合、
Microsoft.Netの仕様によりディフォルトの文字エンコーディングは UTF-16 となります。

あくまでもUTF-16はディフォルトの場合であり、
各Plugin内で特定の文字コードを指定している場合にはその指定に従う必要があります。

但し、Procon本体がASCIIしか使用出来ないため
特別なエンコーディングを指定するPluginが存在するとは考えにくいと言えます。

従って、前述の通り、日本語文字列を含む テキストファイルはUTF-16で保存 して下さい。

(参考イメージ1)

テキストエディタで保存する際、エンコーディングは必ずUTF-16に。

(参考イメージ2)

無事に日本語が送信出来ました。

今のところ他の問題は発生していないようです。

ちなみにProcon Rulezは!rulesのためだけのものでは無いようですね。
実際にルールをシステム的に定義し、各種制限を行う機能もあるようです。

Battlefield3時代、
なんとかLimiterなる海外ツールの仕様に関する問い合わせを受けて少々調査したことがあるのですが、
武器制限などはほとんどそのツールを使用されているのかと思っておりました。

( - )