goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 05 > 07-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑感 0056


知人の花粉症に詳しい人に依れば、
春の花粉は概ねゴールデンウィークまでとのこと。

つまり今年はもう終わったはずですが謎のくしゃみが。
懲りずに今日も屋外から...

本日はBattleLogから見える内容をいくつか。

■最終更新から1ヶ月経過

PC版クライアントの最終更新から一ヶ月が経過致しました。
開発側としては修正が必要な不具合は残されていないとの判断でしょう。

個人的には数ヶ月前から不具合らしき現象は全く発生していませんが、
環境によってはまだトラブルが発生しているとのことで少々残念ですね。

また、先日修正されたDeath Shieldと呼ばれる不具合については、
リリース当初より存在し頻発していたはずの不具合に誰も気付かず、半年近く経過してから表面化したものです。

つまり、少なくとも体感的には大きな影響を及ぼして居なかったことになり、
通常では修正すべき事項の優先順位としては低く設定されるはずです。

にも関わらず比較的短い期間で修正が行われたのは喜ばしいことであるものの、
他にやることがない(やるべきことはあってもやっていない)証拠と考えて良いと思います。

■BattleReportにてトラブルが発生していますね

ほとんどの方が遭遇していると思いますがBattleReportの中身が空っぽになってしまう不具合。
SPMが0と表記されることが目立ちますが他にも色々な項目が抜けていますね。

数日前から発生してる現象のようですが早期解消が望まれます。

ちなみにStatsNow!!の試験用にBattleReportを公開しているプレイヤーさんのデータを拝借し、
色々と検算のような試験を実施しておりますが、肝心のBattleReportが間違えている大変残念な状況のため、
ここ数日はさらに足踏み状態になっております。

尚、BattleReportを公開しているプレイヤーさんは地域を限定しないと、
大雑把に2%程度(かなりの概算)のようですが、日本人は比較的公開率が高いようです。
理由は不明ですが...

■国内サーバに於ける日本人比率(不明)

ゴールデンウィーク最終日となった昨日(2014/05/06)は
ピーク時の国内総プレイヤー数が3,800名弱と久しぶりの4,000名を期待させる大入りとなりました。

しかし、良く考えてみると日本国内サーバとは言うものの、
近隣諸国の方々も多数接続しており、ゴールデンウィークの影響を受けない方々も含まれています。

ではどのようにすれば地域別のプレイヤー分布状態を把握出来るでしょうか?

普通に考えるとサーバ接続者のIPアドレスを調べるのが一番無難な線になりますが、
サーバによって接続者の国(地域)が偏ることは十分に考えられます。

例えばサーバ名の先頭がJPやJPNの場合には日本人が多くなりがちなのは当然と言えます。

また戦績からプレイヤー情報を割り出し、BattleLogに登録されている国(地域)情報を使用して集計することも考えられますが、
地域情報を登録していない方が多数を占めると思います。
登録済みの方だけを集計対象とすることも考えられますが、正確に登録されているか怪しいところがあります。

※そもそも南極にゲームサーバが存在することになっているようなゲームですので...

国(地域)名をサーバ名に含まず、管理者も不明なサーバを用意し、
そのサーバへの接続者をIPアドレスから割り出すのが一番妥当ですかね...

ちなみにBattlefield3にて数ヶ月管理だけ担当していた、
予想外の人気サーバ[ASIAN]では日本人は10%程度しかいらっしゃいませんでした...
台湾の方が多かったような記憶が。

( - )