goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 04 > 25-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

High-Performance Server


いやーーーな予感が致します。

過去に一度触れておりますが次世代(もう現世代?)ゲーム機用のゲームサーバが性能不足に陥っている問題。

どうやら高性能機への入れ替えが行われたようです。
(PC版には直接の関係が無いためナナメに読んだだけですが、まだ入れ替え中のようにも読み取れます)

気になるのは直近DLCのNavalStrikeで追加されたマップにて
"rubber banding"な性能不足が発生していると明記されているところ。

つまりPC版でも該当マップでは性能不足を起こす恐れがあることを意味します。
そして、そのような問題が多発しているとの連絡を過去に多数頂きました。

残念ながら対応策はありませんが。

PC版のサーバはEA/DICEが提供しているのではなく、
サーバレンタル専門の業者が提供しているため、
EA/DICEの一存でサーバマシンを変更することは出来ません。

うろ覚えですが世界中で10社以上のレンタル業者がサーバを提供しており、
それぞれの業者が世界中のデータセンタでサーバを稼働させています。

そのためゲーム機用サーバほど話は単純では無いはずです。
また、高性能なサーバマシンを調達し継続稼働させるコストを誰が負担するかも問題になるでしょう。

最も現実的に考えると、残念ですが各サーバ管理者の使用料金に転嫁されることになりそうですが、
性能不足が発生しているのがNavalStrikeに含まれるマップだけであるとするならば、
当該マップを使用しないサーバとの間で不公平が生じます。

また、お決まりのパターンで「日本は特に酷い」ことも想定され、
他の国では許容範囲の性能不足と判断されれば放置されることは決定的でしょう。

これらの問題を鑑みると、大変残念ながら何も対応されないと考えるのが妥当だと思います。

サーバ側モジュール(ソフトウェア)のチューニングだけで対応して頂きたいところです。

( - )