goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 04 > 22-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SPM計算ルールの罠


日々多数の御連絡を頂いておりますが、
その中で「おやっ」と思うことが多いのがSPM計算式に関する誤解。

御説明しやすいように新しくアカウントを入手致しました。
(半分本当ですが半分冗談です。
サーバ管理者の方々に提供しているツールにて日本語クライアントが無いと試験出来ない機能があるもので、
やむを得ず日本語クライアントを入手致しました。今なら半額ですし...)

まずは新品のアカウント


新品でございます。

1ラウンド目のBattleReport


Score=11,444(SPM=497)で1ラウンド目が終了。命中率9%は見なかったことにしましょう。

1ラウンド終了時点のOverallStatistics


1ラウンドしか戦績が存在しないため、1ラウンド目のBattleReportの内容と一致するはずですね。
Score=11,444は確かに一致していますが...
SPM=408になっています...

なぜなのか?


Spawn待ちの(死んでいる)時間がSPM計算の分母に含まれないのはBattleReport上のSPMのみです。

今回は説明しやすいように敢えて過去に戦績の無い(TotalScore=0の)アカウントを使用していますが、
1ラウンド目に限定される話ではなく、全てのラウンドに適用されているルールです。

長時間のビークルSpawn待ちなどはBattleReportのSPM悪化の原因とはなりませんが、
トータルのSPM計算ではSPM悪化の原因になります。

また、SPMだけでなくKPMなどラウンド時間を分母とする指標は全て同様の計算ルールとなっているようです。

( - )