goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 04 > 21-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

337.50 その1

NVIDIAの新ベータドライバR337.50のお話。

世間ではMantle対抗だとか、Battlefield4でも大幅性能向上だとか、そんな怪しい記事が多数見受けられますが...
公式には一言もそんなことは謳われておらず...

だったら試しましょうか。

比較対象ドライバ

1. GeForce 335.23 WHQL (旧版)
2. GeForce 337.50 Beta (新版)

試験環境

Motherboard : MSI Z87-G45 GAMING
CPU:Intel Core i7 4770K @3.5Ghz
Memory : Elixir W3U1600HQ-4G (DDR3-1600/CL9 4GB) * 4 = 16GB
Storage : Intel SSD 530 Series
EPS : CORSAIR HX750
Case : なし (いわゆる「まな板」状態)
室温 : 摂氏20度前後

GPU/VideoCard : NVIDIA GeForce GTX 780Ti / ASUS GTX780 TI-DC2OC-3GD5

OS : Windows7 Professional 64bit SP1
Battlefield4 Client Module : International版 (DLCやPremiumなどの追加は含まず)



user.cfg

PerfOverlay.DrawFps 1
PerfOverlay.FrameFileLogEnable 1
PerfOverlay.DrawGraph 0
Render.DrawScreenInfo 1
GameTime.MaxVariableFps 1024 (*1)

(*1) フレームリミッタを無効化することが狙いであり、-1を指定する無効になるとの情報がありますが、
   公式には-1で無効とは発表とされていないようですので、今回は大きな値を設定して実質的にフレームリミットを無効としています。

マップなど

使用マップ : Siege of Shanghai
ゲームモード : Conquest Large
プレイヤー数 : 64人程度(必ず接続待ち行列に並んでから接続することにより、64人近いプレイヤー数が接続していることを担保)

フレームレート算出方式

Battlefield4純正機能によるFrameLatencyの記録機能を使用。
但し、本機能が記録するのはフレームレートではなく、1フレームの描画に要する時間であるため、
連続するフレームの描画時間から1秒間に描画可能なフレーム数を算出し直している。

また接続開始直後(ロード中)に記録が開始されるため、記録開始直後は適正な値が記録されない。
そのため、記録開始から180秒までの記録は全て削除し、そこから360秒間のフレームレートを採用している。

その他

設定変更時はOS再起動を必ず実施

(続きは次のページ)