goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 04 > 10-03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑感 0051


気楽に書き始めた「検証」のお話ですが、
私なりに努力したものの想定を遙かに上回る長さになってしまったため、
どうでも良いお話なのに3部作となりました。

第1部を掲示していなければ全て削除してしまうところですが...

検証とは (3)


思いつく範囲でBattlefield4を使用した性能検証のパターンを挙げてみましょう。

1.射撃演習場を使用する

2.マルチプレイヤーモードにて一人でプレイ(?)する

3.シングルプレイヤーモードを使用する

4.マルチプレイヤーモードにて実戦参加する

上記4種の試験パターンは上から再現性の高い順になっています。
しかし、逆から考えるとリアリティの低い順でもあります。

■射撃演習場を使用する

射撃演習場を使用して性能を測定すれば、
多くの方が同じ試験結果を得られるでしょう。

もちろん射撃演習場内で行った一挙手一投足を詳細に開示し、
他の方もその通りに同じ試験を行う必要がありますが。

しかし、射撃演習場には敵も味方もおらず、弾が飛んでくることもありません。
また、性能試験の鬼門である Levolusion Levolutionが発生することもありません。

構造物が少なく、細かいオブジェクトが配置されていないため、
CPU負荷は低く推移し、フレームレートは高水準を維持するでしょう。

そのためマルチプレイヤーモードの実戦中よりも遙かに高い性能が記録されることになるでしょう。

従って、再現性が高いかわりにリアリティは非常に低く有用性は皆無と言って良いでしょう。

■マルチプレイヤーモードにて一人でプレイする

次に私も何度か用いた記憶がございますが、
海外系のサイトで良く使われている2.のマルチプレイヤーモードを一人でプレイ(?)する場合。

外人さんも結構マメらしく、無人のマップを一人で歩いたり戦車に乗ったり、
また壁に向かって銃を撃ってみたり...

細かな手順と時間まで開示されているサイトも見かけました。

これだけ詳細な情報が開示されれば、恐らく比較的再現性の高い試験になると思います。

しかし、ここにも敵は居ない。もちろん味方も居ない。

■シングルプレイヤーモードを使用する

良さそうでダメなのがシングルプレイヤーモード。

ここなら敵はいくらでも登場するでしょう。恐らく味方も居ると思います。
私は酔うので全くプレイしていませんが。

しかし、2つの点で大きな問題があります。

シングルプレイヤーモードにて敵が登場するシーンには恐らくランダム性があるはずです。
いつも同じ敵が同じ場所から出てくるとは限りませんね。

もちろん敵の射撃タイミングもケースにより異なるでしょう。
たまたま多数の敵が同時にRPGなどを発射してしまった場合、
爆発のエフェクトが同時に発生するためフレームレートの急激な低下が生じるかもしれません。

そのため、シングルプレイヤーモードも必ずしも再現性が高いとは言えませんね。
マルチプレイヤーモードより良いと思いますが。

そしてもう一つの問題ですが、
シングルプレイヤーモードにて用いられているレンダリング技術は
一般的にマルチプレイヤーモードとは異なります。
(Battlefield4では確認していませんが、Battlefield3では異なる技術が使われています)

一般にシングルプレイヤーモードの方が美麗なグラフィクスが奢られる傾向があり、
高度なレンダリング技術が投入されます。

それに対しマルチプレイヤーモードでは描画以外の処理に要する負荷が高くなりがちであり、
そのためシングルプレイヤーモードと比較すると画面描画の負荷を上げられないのが現実です。

このあたりはBattlefieldだけでなくCrysisなども同様であり、
最先端のレンダリング技術は常にシングルプレイヤーモードだけに投入される傾向があります。

そもそもマルチプレイヤーモードで綺麗な景色を眺めている余裕はあまり無いはずなのですが。

■マルチプレイヤーモードにて実戦参加する

「Battlefield4」と言えば暗黙でマルチプレイヤーモードを指すと考えて良いでしょう。
そのためリアリティは最も高いと言えます。

もちろんゲームモードによりマップのサイズが大きく異なることや、
プレイヤー数も影響しますので、最も一般的と言えるゲーム設定の環境で測定すべきでしょう。

しかし、再現性は全くありません。
マルチプレイヤーモードに乱数的な不確定要素が含まれるか否かは存じませんが、
システム的には確定要素しか無かったとしても、
プレイヤーの挙動が不確定要素そのものですので
完全に同じ展開になることは100%あり得ないと断定して良いと思います。

そのため理想としては相当数のラウンドにて測定を実施し、
上位N%と下位N%をカットしたサンプルから平均値を求めるなどの手法が一般的になると思います。

が...
相当数のラウンドなんて私には時間的に不可能。(苦笑)

いろいろと測定と検証の方法はございますが、
射撃演習場とシングルプレイヤーモードはBattlefield4とは別物として除外してしまっていいでしょう。

2番目に挙げた外人さん好みの「一人マルチプレイヤーモード」は
CPUがボトルネックにならない状況なら良い方式だと思います。

でも「ここで壁に向かってRPGを3発発射」とかかなり寂しいと思います。(笑)
弾切れになったらどうするんでしょうか...
もちろん弾切れにならないシナリオで試験を実施するのでしょうが。

長々と失礼致しました。

(2014/04/11 14:40追記)
御指摘によりLevolutionのスペルを修正いたしました。
"t"か"s"か悩んだのですがIllusionのイメージが強く"s"にしてしまいました。(苦笑)
御指摘ありがとうございました。

( - )