goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 03 > 08-01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑感 0043



ネットコード問題の微妙なところ

先日、公式サイト内にネットコードの不具合に関する、
様々な情報が掲載されました。

せっせとお昼休みに超意訳(と言っても単純な技術文書なので直訳で何も問題無いのですが)を行いましたが、
時間切れで個人的に思うところは何も記載致しませんでした。

訳が目的ですから個人的見解はどうでも良いのですが。
NHKのニュースにコメンテーターが要らないのと同じですね。(笑)

既にお気付きの方が相当数いらっしゃるようですが、
改めて書いてしまうと、あのネットコードに関する問題の多くは
我々日本人には無関係と言って良いでしょう。

残念なことに無関係と申し上げるより、
改悪(された/される)と考えるべき内容かもしれませんが...

超意訳ごっこをしていて違和感を感じる記述がいくつかありましたが、
HUDにアイコンが2つ増えた件が一番の謎でした。

上記リンク先を御覧頂くと、その件を訳してありますが、
その2つのアイコンを見たことのある方がどれだけいらっしゃるか?

少なくともこのページ(つまり日本語)を読める方で、
あのアイコンを目撃したことのある方は少数派だと思います。

相当劣悪な通信環境下でしか表示されないインジケータですので...

しかし、わざわざ画面にインジケータを追加しなければならないと言うことは、
通信環境に問題を抱えている方が相当数いらっしゃることを意味します。

一般論ですが、通信距離と損失は概ね比例します。
つまり、遠くのサーバに接続するほどエラー発生率は上がります。

日本国内は東京にいくらでも(最近は不足気味ですが)サーバがあるため、
北海道や沖縄から接続されている方でも、最大1,500km程度の距離にしかなりません。

また、クライアントからサーバまでの通信経路は、
世界有数の高品質な回線や通信機器が使用されている事は言うまでもありません。
(少なくとも有線接続に於ける可用性(障害発生頻度の低さ)が
世界一であることは良く知られています。)

その対価として高額な通信費用を負担しているのですが。(苦笑)

ではどのような方々が問題のインジケータを目撃しているのか?

かなり昔のお話ですが、
やや古い記事 (i3D 東京DC 総スロット数)に記載した通り、
家庭用ゲームで使用されるサーバは稼働しているロケーション(物理的な位置)が限定されています。

そして、恐らく世界中に6カ所しかありません。

特にヨーロッパはプレイヤー数が多いにも関わらず、
1カ所しか存在していません。
(1ヶ月ほど前に調べた結果ですが今でも変わっていないでしょう)

例えばロシアの東寄りの方は
10,000km以上離れた場所で稼働しているサーバが最寄りになります。

恐らくPING=200クラスでしょう...

しかも日本ほど優良な通信環境が提供されていない地域ですので、
2つのインジケータが大活躍しているに違いありません。

そして...

いわゆるネットコードの修正はこれらの方々が快適にプレイ出来るよう
調整が進んでいると考えて良いでしょう。

日本国内のサイトではほとんど見かけることはありませんが、
海外ではネットコードについて論じているサイトをポツポツ見かけます。

それらの記述が正解かどうかを私が断定することは出来ませんが、
原則論としてLowPingさんとHighPingさんが
共に快適な環境を作り出すことは不可能なようです。

何も調整を行わなければ、
理論的には常にLowPingさんが有利な仕様になります。

サーバは情報が到着した順に特別な補正処理を行わずに逐次処理を行えば良いので。

公式サイト内に掲載されたネットコードの修正に纏わる話題は、
このHighPingさんや低品質な回線に徐々に合わせていく修正になるでしょう。

ベータ版の命中判定が最も違和感が無かったと思われる方は私だけではないと思います。

( - )