goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2014 > 02 > 02-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MantleRelease 2


かなり残念でございます。

その後も色々と情報を頂きましたおかげで、
Mantleは並の環境では全くと言って良い程効果が無い事がわかってしまいました。

手元にあったのはBattlefield4推奨環境に挙げられているHD7870
さらに近所の某氏から急遽借用したHD7950

しかし、このクラスのGPUとIntel 4Coreの組み合わせだと
ほとんどMantleが効果を発揮することが無いとの情報を多数入手してしまいました。

※一つ前の記事で10%程度は性能向上するらしいと書いてしまった結果「そんなに上がらない」とのお叱りの声が...

そこで...

買ってきました。

R9 280X
あとで記念写真でも撮りますか。(笑)

290Xは予算の関係で諦めましたが。(苦笑)
まぁ3万5000円ぐらいですから嫁にばれても怒られないでしょう。
いや、怒られるな...

で、またまた結論なのですが...

Intel Core i7-4770KクラスのCPUでは、
そう簡単にはCPUが先に振り切ることはありません。

あのときとかあのときも自分で言ってただろう」と
御指摘を頂きそうですが...

だって少しぐらいは期待するじゃないですか...

1920*1080 / FOV=70 に設定して実験開始。

せっかく高性能なものを買ってきたのだからと画質をUltraでまず試験。
数字はともかく満足な性能。
次にDirectXでトライ。こちらも十分に動いており、体感的な差はありません。

体感的に差があったら大変です。
なにしろこだわりの60hz液晶ですから。
(普段は文字重視なので1200ラインモニターが手放せません)

さて10分程度プレイしてログを開けたらびっくり仰天。
全く差が無い。

ちなみにMantleもDirectXも100fps弱でした。

やはり、CPU負荷はほぼフレームレートにのみ依存すると考えて良さそうです。

そして上記リンク先にてGTX770にて実験したように200fpsぐらいまでは、
i7-4770KとDirectXで達成し得ることがわかっていました。

なのに買ってしまった...R9 280X

暫定情報ですが画質HighやUltraでは全く変化無しと言って良いようです。
厳密な比較はまだ行っていませんが、
DirectXとMantleにてそれぞれ取得したログをグラフ化して重ねたところ......
全くと言って良い程差がありませんでした。

それどころかHD7950ではDirectXの方が高性能に見えるような状況。

もちろんRadeonを複数枚使うようなリッチな環境だと少し状況は変わるのかもしれませんが。

画質を落としてfpsを挙げないとMantleの本領発揮とはなりませんが、
DirectXでも200fpsクラスの性能が出ることがわかっており...

かなりやる気を削がれましたがもう少しだけ続行します。

で、今度は画質Lowで再挑戦。

やっとそれらしい結果になりました。

Mantleだとフレームリミッタを解除すると230fpsぐらいにはなりそうです。
DirectXだと200fps弱ぐらいと感じましたので20%程度の性能向上は達成しているようです。

でもLowですし144fps超は実質的に無意味ですし...

CPUがデュアルコアな方やそれに相当する性能のCPUをお使いの方には良いかもしれません。

またはEA公式に掲載されていたように、
シングルプレイヤーモードでは威力を発揮するかもしれません。

シングルプレイヤーモードはマルチプレイヤーモードと比較し、
高度なレンダリング手法が用いられることや各オブジェクトのディテールが詳細に描かれるため、
負荷が高くなりがちとのことです。

なんかかなり投げやりですみません。
失意のR9 280X

あとで気を取り直してもう一度。

( - )