goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2013 > 12 > 19-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピン vs ピング


過去にも2度ほど類似の御質問を頂きましたが、
タイミング良く仕事が待ち時間になりましたので、
息抜きに御質問の回答をこちらに記載させていただきます。

Pingの読み方(発音)は?



■業界人曰く

つまらない回答ですが50/50な感じです。
本物のネットワークエンジニア(一日中、ルータやらファイアウォールやらロードバランサを弄っている人達)にも、
「ピン」と「ピング」が混ざっています。

でも若干「ピング」が優勢なイメージも。
実際には60/40とか70/30ぐらいで「ピング」が多いかも...

若干じゃないなこれ。

■個人的には

「ピン」

理由は簡単。ネイティブな方々がこの発音だから。

無声音に近い、鼻から抜けるような小さい音で
「グ」が後ろに付くのが正しい発音だと思いますが、
「グ」を聞き取りやすい程はっきりした声量で発する
ネイティブな方々はまず居ないでしょう。

あるプロジェクトの関係で、外資系証券会社の情報システム部へ頻繁に出頭していた時期がありました。
正確な期間は失念致しましたが、2年弱ぐらいだと思います。

やはり先方(ほぼ全員ネイティブな方々)には全くまたはほとんど「グ」を付けている方はいませんでした。
しかし、私の同僚や他の会社から来ている技術者の中には、
明確に「グ」を発音する方もいらっしゃいました。

でも変な目で見られているようには感じませんでしたが...

■語学的には

専門分野外ですが若干の考察を。(苦笑)

御質問を頂いたメールにはkingとの差異に関する記述がありました。

確かに似たような英単語は多い。

king(名詞)
fing(形容詞/場合によっては副詞かも)
ring(名詞)
sing(動詞)
bing(これは固有名詞だから除外)

ここにpingを混ぜてみると気づくところが。

pingは分類上は名詞です。kingと同じですね。
そして、kingについて「キン」か「キング」かを議論する必要は無いでしょう。

しかし、pingを名詞に分類することには少々違和感があります。

pingとは元々、潜水艦探知用の音波発信器から発せられる音の「擬音」です。
現代で言うところのアクティブソナーに該当する機械の「音」でしょう。

そう。音なんですよpingは。
物理的に存在するkingとは異なり音を表現するための名詞です。

潜水艦探すのに「ピング、ピング、ピング」いやですそんな音。
(実際には超音波なのでそのままでは聞こえないと思いますが)

さらに学校のチャイム。
カタカナで書くなら「ピンポンパンポン」が多いと思います。

でも英語表記ならPingPongPangPongでしょう。
"g"は発音していませんよね。

「ピングポングパングポング」長いよ。(笑)

あ、そもそも卓球のピンポンもそうですね。ピンクポングと言いませんよね。
(卓球はピンポンではなく、正しくはテーブルテニスですが)

似ている例を見つけました。

KingKongとHongKong。

前者はキングコングですが後者はホングコングではありません。

結局のところはケース・バイ・ケースとしか言いようが無いのかも知れませんね。

トドメがあった。HighPing。

ハイピングとは言わないでしょ。

尚、発音記号はkingもpingも同じ末尾になっていると思いますので、
学問的にはkingとpingに差は無いことになるでしょう。

■ある種のガラパゴス

そもそも、これコミュニケーションなので「相手に伝わることが最重要」これ当然です。

そんなこんなで日本国内に於いては「ピング」でも何ら問題無いと思います。
完全に定着している表現ですので。

しかも恐らく「ピング」が多数派ですので「ピン」な私達は寧ろ肩身が狭い。

会議で「グ」な方が優勢だったりすると、
「ピング」と言っておいた方が無難かと悩むことも。

なぜ「ピング」が大流行しているのかは定かではありませんが、
JapanLocalな類似の話を思い出しました...

  • Windows8 DirectX 3フレーム遅延問題
  Googleあたりで検索すると、
  英語で検索し、英文サイト優先検索設定にしてあるのに
  日本語のページばかりヒットしたりします。

  でもこれは紛らわしい記述がMicrosoft公式サイトを含みネット上に散見されるので、
  誤解があるのも納得出来る節はある。

  • HighPingによるラグ発生説
  HighPingさんの存在について、海外では当たり判定への影響のみが議論されており、
  HighPingさんによってサーバ負荷が上昇した結果、
  いわゆるラバーバンドなラグが発生するとの話は見たことがありません。
  (見たことが無いだけで探せば海外にも柔軟な発想の方は居るのかも知れませんが)

  と言うか原理的に全くあり得ないのにこんな事を言い出した人は誰?

ちなみに上の2件は一度自分でコードを書いてみると
すぐに納得出来る単純な問題です。

■リスク回避

  • pingをカタカナで書くことは避けましょう
  • 発音する場合は「ピン ッグ 」ぐらいにしましょう

2014年の国際情報処理学会定期総会にて誰か提案してきてください。(笑)


いい息抜きになりました。
そろそろ仕事に戻らせて頂きます。

( - )