goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2013 > 11 > 12 > 05


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界的誤認識


これ私だけ勘違いしていたのかと思いましたが、
どうやら私を含み世界的に多くの方が勘違いをしているようです。


ベータと比較してクライアント負荷は軽くなっていません



そんな馬鹿なと思うでしょうが恐らくこれが事実です。
いままで色々と試しつつプレイしてきましたが根本的な見落としがありました。

ベータと同じマップでプレイしていなかった。

そうです。クライアント障害で悪名高き上海の高層ビル倒壊マップ。

あれは高負荷でクライアント障害が発生していると断定して間違いありません。
あのマップだけは依然異常にCPU負荷が高くなっています。

特にビルの倒壊後はCPUネックによりフレームレートが30fpsを割り込む程の状況に陥ります。

私の環境(現在はGTX770)だとビル倒壊前でも画質Highで60fpsを割りますので
他のマップと比較して明らかに負荷が高くなっています。
もちろんこれもCPUがネックになっており、GPU側はまだまだ余裕がある状態です。

つまりベータモジュールと何も変わっていないと考えられます。

多くのマップはそもそもクライアント負荷が低いため、
特別に問題が発生することが無かったため錯覚に陥っていたようです。

開発側としては最も負荷の高いマップをベータテストに投入したことは妥当でしょうが、
正式版になってもまともに使えないほどの高負荷は関心しませんね...

個人的には疑問氷解ですっきり致しましたが。

( - )