goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









2013 > 11 > 10-03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BF3 勝手に総括 その2 「チート天国」


約2年に渡りBattlefieldシリーズのメインプロダクトだった、
Battlefield3についてサーバ管理者視点から勝手に総括してしまいます。
恐らく全7話ぐらいになります。

ほとんどネガティブなネタしかありませんので、
前向きなお話を望む方には非推奨。

■ベータテストで無双状態

異様な(?)熱気に包まれて遂に開始されたベータテスト。
私も初日から参戦させて頂きましたがBFBC2とはやや勝手が違い、
戸惑いながらもそれなりに善戦。

と思いきや、なんかチャットが騒々しい。
チーターですか。

外人さんも多いでしょうからやられる度に
「チーター」とか「ハッカー」とか叫ぶ方もいらっしゃいます。

気にせず続行するも「チーター」やら「ハッカー」やらのチャットが止らない。

別にそれっぽい人は居ないのですが...
まさかと思いつつTABキー押下。

いた。味方に居た。これじゃ気付かないはずだ。(苦笑)

270K/2Dぐらいだったような。
ラッシュ攻撃側なのでMCOMを破壊しなければいくらでもキル出来ます。

このラウンドだけではなく、
何度も無双しちゃう人を目撃することとなった
誰のためのテストだかわからないベータテストでした。

■チート合戦

いつも通り(?)日本語版は世界で一番遅くリリースされましたが、
先発隊(苦笑)は一週間早くプレイを開始。

しかし...
チータのためにわざわざ一週間早く始めたような有様でした。

どこのサーバへ行ってもそれとわかるようなのが暴れている状態。
なんだこれ....

チータと同じチームに入れれば被害を受けずに済みますが、
そうは行かないのがこの世界。

時として両チームにチータが居て、壮絶なチート合戦を繰り広げています。
暗黙の了解なのか、意外とチーター同士は戦わないらしく
それほどDeathが増えていなかったりします。

双方とも無敵チートを使っているのかもしれませんが。

ん?
即死チートと無敵チートが同時に使われたらどうなるのか?
文字通りの矛盾が発生します。(苦笑)

■チート分隊

Battlefield3では当初サーバ管理者ごっこをしておりませんでした。
しかし、管理者ごっこを再開する切欠になった事件がこれ。

たまたま自宅で過ごしていた時のこと、
このサイト経由でメールが送られてきました。

「何の御用か?」と早速メールを開けてみると....

「ひとつの分隊だけがやけに強くて全員チーターじゃないかと思うがどうしたらいいか?」とのこと。

自分のサーバは存在しないのでチートの連絡でも慌てる必要は無いのですが、
特に別の用事があるわけでも無かったのですぐに回答。

「そこのサーバの管理者に連絡するといいですよ」

しかし、驚愕の返信が。

「私が管理者です」

裏から覗いてみると件の4名は全員3桁Killなのに他は全員1桁。
チケット数から逆算するとほぼ全てのKillを4名で稼ぎ出している計算。
誰が見ても文句なしの無双チート集団です。

どうしたらいいかと訪ねられましても...

■DICEタグ収集家

これはあまりにも有名なお話。
Battlefield3のPC版プレイヤーでは知らない方の方が少ないかも。
最近始めた方はそうでもないか。

ある日、某動画投稿サイトにポストされた1本の映像が話題に。

良くあるチートツールの宣伝動画でしたが、
DICEのプレイヤーのみを狙いナイフキルによってタグを集めていくものでした。

チートツールの性能よりも開発側の無策ぶりが世界的な話題になったらしく、
短時間で膨大なアクセス数になっていた記憶があります。

開発側よりチートツールの制作集団の方が明らかに優位にあることを示す事件でした。

しかし、不思議なことに動画の中で使われているプレイヤーは
相当長期に渡りBANされずにプレイを続けていたとのことです。

動画の中では特にプレイヤー名を隠すような処理を行っていなかったので、
見るだけで特定可能なのですが...

■電話ラッシュ

そんななか管理者ごっこを始めたわけですが、
短時間でデータを収集するために当初よりサーバを2台用意しました。

チータの多い時期ですから相応に
「チーターが暴れています」な御連絡を頂くわけですが...

このサイトから頂いた御連絡はgmail経由で他のメールアドレスへ転送され、
さらに携帯電話へ転送されます。

そのため御連絡を頂くと数秒で携帯電話のバイブレーションが作動します。

多くの方と同様の設定で、メール着信のバイブレーションは数秒で停止しますが、
音声通話の場合は留守番電話に切り替わるまでバイブレーションが続きます。

ある日、唐突に電話が暴れ出しました。
1回...2回...3回...4回...5回......電話か。

携帯電話に手を伸ばすとメール受信×4通。僅かな時間差で4通もメールが来たと。
仕事の連絡では良くあることです。

さて内容は...
2台のサーバで合計3名のチーターが暴れているとのこと。
しかもほぼ同時に。(苦笑)

調べてみたところ、全員数分後には自動でBANされてましたが...

偶然同時に複数のチータが通報される程、チート天国な状況になっていました。

迷惑この上無いチーターです。

■落ち着くまでに3ヶ月

過去の記事を漁ってみたところ、
勝手な終息宣言を出すまでには正式版リリースから3ヶ月を要しています。

恐らくこの時点では開発側が相応の対応を行ったと思ったでしょう。
しかし、いまになって考えると別のことも見えてきます。

クライアント及びサーバが安定するまで 3ヶ月
プレイヤーが激減するまで 3ヶ月
サーバが激減するまで 3ヶ月
チータが激減するまで 3ヶ月

チーターも飽きて自然消滅しただけかもしれません。

幸いなことにBattlefield4ではこれほど酷い状況には陥っておらず、
たまに見かける程度に留まっています。

最大の理由は恐らくクライアントの64bit化にあります。

チートツールの開発には高度な知識と技術が必要となりますが、
その重要な処理部についてはサンプル的なモジュールを
なんと某Microsoft社が提供していました。

このモジュールは32bit版しか存在しなかったことから、
64bit版は独自開発する必要が生じ、技術力が不足している業者や個人には
対応出来ていないとの説があります。

少なくとも無料版の流通はBattlefield3と比較して激減しているようです。

しかし、誰かが64bit版モジュールを公開すると
瞬く間にチートが蔓延するのかもしれません。

(つづく)

( - )