goodgames

メニュー


自己まんブログ


特設BF4正式版 推奨環境ベンチマーク









測定結果 HighEnd GPU (高画質編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本記事の記述時点(2013/11/04)では最高性能のGPUを搭載した、
GeForce GTX TITAN使用しHigh及びUltraのフレームレートを測定致しました。

※RADEONの新型は更に高性能との噂ですが、まだ国内正規ルートでは流通が始まっていないため、
 現時点ではGTX TITANを最高性能と評価しています。

まずは画質Highにて試験を実施


■GPU性能
EA推奨GPUとGPU以外は同じ条件で比較しています。
やはりワンランク、いやツーランク上の性能ですね。

■VRAM容量
30%しか使っていません。

■CPU性能
既に限界に達しています。
残念ながらGPU性能を使い切れていません。
CPU性能が上がればもっとフレームレートが上昇することは間違いありません。

次に最高画質のUltraで試験を実施


■GPU性能
画質Ultraで60fps割れが全く起らないのは凄いの一言。
やはり実際に見てみると別次元の画像です。
島の様な景色の良いマップで使いたいところ。

しかし、またまたCPUが足枷に。

■VRAM容量
30%しか使っていません。勿体ないですね。

■CPU性能
完全に限界に達しています。
まだまだGPU性能を使い切れていません。

CPU性能が上がればもっとフレームレートが上昇することは間違いありません。

最後にCPUをオーバークロックして最高画質のUltraで試験を実施


■GPU性能
一時的に80fps程度まで落ち込んでいますが、概ね100fps以上を維持しています。
ようやくGPU負荷が100%に張り付きました。

■VRAM容量
30%しか使っていません。勿体ないですね。

■CPU性能
CPU負荷も概ね80%前後で推移しているのでほぼ限界です。
このぐらいがバランスの取れる構成のようです。

一般的に入手可能な4Core/3.5GhzクラスのCPUでは80fps程度が限界になるようです。
一時的にそれを上回るフレームレートを記録しても長続きしません。

近日国内でも流通が開始する予定の新型RADEONでは、
TITANを越える性能が期待出来ますが、
結局はCPUがボトルネックになるのではないでしょうか。

なるほど。ここでMantleの出番か...

ちなみにTITANはお借りしたものです。
Ultraの画像を見てしまうと戻れませんね...

新しいRADEON買うか。(笑)

( - )