第48話:宿命の対決


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



床に刺さったナイフ

  • ナビィが縄を切るのに使ったナイフは、前話の第47話でアイムがリンゴの皮を剥く時に使った果物ナイフである。
    • 第47話のBパートでサリーが起きる際、リンゴとナイフが入ったカゴを落とし、そのナイフが偶然にも床に突き刺さった。


ルカの料理談義

  • バスコ消滅後、ルカが夕飯作りを手伝おうとする談義。ハカセが拒否してることから、ルカの料理の腕前は下手だと思われる。
    • 第42話のハカセの過去にてガレオン内にジャンクフードがたくさんあった理由も頷ける。
    • 以下がその詳細(L=ルカ・H=ハカセ・G=鎧)。
      • H「じゃあ、早くガレオンに戻ろう!」
      • G「まずは腹ごしらえしましょう!美味しいものをたくさん作りますから!」
      • L「おっ!いいねぇ!じゃ、今日はあたしも手伝おうかな?」
      • H「え?いや…ルカはいいよ!」
      • L「どーいう意味よ!?」


豪快チェンジ

オールレッド(デンジレッド/ギンガレッド/ゴセイレッド/マジレッド/デカレッド)

  • ゴーカイジャーのレッドであるマーベラス抜きでのオールレッド。
    • いずれも今話と同月に公開された劇場版3にゆかりがある戦士である。
    • 今回のオールレッドの原典の作品では最期が描かれたバスコのように第三勢力的存在やスーパー戦隊側と同じ力を扱える敵キャラクターが登場したり、自身の秘密が明かされたナビィやバスコに捨て石にされながらもマーベラスを守っていたサリーのような動物系キャラクターもしくは第三勢力キャラクターがスーパー戦隊側を助ける展開が描かれた。
      • また、今回のオールレッドも今話と同じく原典においてそれぞれ敵と一騎打ちを果たしたエピソードがある。
        • デンジレッド×ヘドラー将軍
        • ギンガレッド×剣将ブドー
        • ゴセイレッド×流星のデレプタ
        • マジレッド×魔導騎士ウルザード
        • デカレッド×ゾイナー星人ベートニン

電子戦隊デンジマン(デンジレッド)

  • 変身者はジョー
    • 劇場版3でジョーは同じくデンジマンのメンバーであるデンジブルーに変身している。
    • 『デンジマン』は『ゴーカイジャー』のメンバー順である「レッド→ブルー→イエロー→グリーン→ピンク」を最初に行った作品。
    • 今回のオールレッドでは最古参のレッドであり、本来担当するマーベラスが不在だったため、マーベラスが船長になってからのゴーカイジャーでは彼と最古参の付き合いであるジョーが担当した。
      • 次回作『特命戦隊ゴーバスターズ』ではゴーカイレッドのスーツアクターの福沢博文がアクション監督に就任して主要キャラのアクターから外れ、本作ではゴーカイブルー担当の押川善文がレッドバスターを担当するため、「福沢が外れる代わりに押川が戦隊の筆頭になる」シチュエーションが用意されたとも見れる。
    • 『デンジマン』の最終話では、犬型ロボットのアイシーが自らを犠牲にすることで、バンリキモンスに破壊された巨大ロボ・ダイデンジンの回路を新たに蘇らせた。
      • バンリキモンスとその主であるバンリキ魔王は、スーパー戦隊シリーズ初の第三勢力である。

星獣戦隊ギンガマン(ギンガレッド)

  • 変身者はルカ
    • 劇場版3でルカが変身した姫シンケンレッドはギンガレッドと同じく小林靖子がメインライターを担当した作品のレッド戦士である。
      • 同映画にメンバーが客演した『特命戦隊ゴーバスターズ』も小林がメインライターを担当することが決定した。
    • 『ギンガマン』の第四十九章では敵組織・宇宙海賊バルバンを追放され第三勢力として活動する樽学者ブクラテスが、黒騎士・ヒュウガにバルバン船長・ゼイハブの弱点でもある「星の命」が埋め込まれている位置を教え、ヒュウガのパートナーである重星獣ゴウタウラスを封印している壺を返した後、バルバンの戦闘員・ヤートットを巻き込んで自爆した。

天装戦隊ゴセイジャー(ゴセイレッド)

魔法戦隊マジレンジャー(マジレッド)

  • 変身者はアイム
    • 劇場版3でもアイムが変身している。
    • 『マジレンジャー』の敵組織・地底冥府インフェルシアに所属する魔導騎士ウルザードや魔導神官メーミィは、マジレンジャーに力を与えている天空聖者が悪に堕ちた存在であるため、マジレンジャー同様に魔法を使用することができる。
    • 『マジレンジャー』の最終話ではインフェルシアの幹部である妖幻密使バンキュリアと冥府神スフィンクスが改心して、マジレンジャーを助けた。

特捜戦隊デカレンジャー(デカレッド)

  • 変身者は鎧
    • 劇場版3でデカレンジャーの面々は登場しないが、アイムがデカレンジャーについて言及する場面がある。
      • これはデカレンジャーとギャバンが宇宙規模の警察組織に所属しているため。
    • デカレッド・赤座伴番(バン)は『デカレンジャー』最終話で地球署からファイヤースクワッドに異動し、彼の後任としてデカレンジャー6人目の戦士であったデカブレイク・姶良鉄幹(テツ)が正式な地球署勤務となった。
    • 『デカレンジャー』最終回では犬型ロボットであるマーフィー・K9がデカレンジャーの危機を救い、マーフィーの犬小屋に設置されたスイッチでエージェント・アブレラに奪われたデカベースを取り戻すことができた。


召喚されたレンジャーキーの戦士

  • 今回はゴーカイジャーの6人が召喚されており、イエロー・グリーン・シルバーは本人と対峙した際に名乗りのポーズを行っている。
    • ハカセは「そんなおしっこの後にズボンで手を拭くようなポーズはしない」と発言したが、その直後に同じポーズを行っている。
  • ラッパラッターのシリンダーは5つしか無いが、バスコはなぜか6人同時に召喚できている。
    • 召喚する時、ラッパラッターの5つのシリンダーにゴーカイジャーの初期メンバーのレンジャーキーが刺さっていた。


登場した技・用語など

ジー・マジカ

炎のたてがみ(ほのお - )

デンジパンチ



大いなる力

  • バスコに奪われていたサンバルカン・チェンジマン・フラッシュマン・マスクマン・ファイブマンの5つの大いなる力をゴーカイガレオンなどと共に奪還した。
    • ただし、正式に獲得したと言えるのはこれらの戦隊のレジェンドたちと対面した第49話である。