第15話・第16話共通ネタ



第15話と第16話

第15話:私掠船現る第16話:激突! 戦隊VS戦隊は、バスコ・タ・ジョロキアの初登場とそれによるレンジャーキーの争奪戦を主テーマとした前後編となっている。

サブタイトル

  • それぞれ、ゴーカイジャーが初登場した作品をサブタイトルのモチーフとしている。
    • 第15話の「私掠船現る」は、『ゴーカイジャー』の第1話のサブタイトルは「宇宙海賊現る」を元にしている。
      • 『ゴーカイジャー』第1話はテレビでゴーカイジャーが初登場した作品である(正確には『ゴセイジャー』最終回の引き継ぎで登場している)。
    • 第16話の「激突! 戦隊VS戦隊」は、『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』を含める「戦隊VSシリーズ」を元にしている。
      • 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』は映画でゴーカイジャーが初登場した作品である。
      • アカレッドやパチャカマックなど、「戦隊VSシリーズ」関連のキャラクターは、『ゴーカイジャー』に多数登場している。


召喚されたレンジャーキーの戦士

  • 前後編の2話でバスコ・タ・ジョロキアによって召喚された戦士は以下の通り。
    • ドラゴンレンジャー・キングレンジャー・タイムファイヤー・シュリケンジャー・デカブレイク
      • いずれも金と銀以外・初期メンバーに用いられている色をメインカラーとする追加戦士で、ゴーカイスクランブルによって倒されている。
      • デカブレイクは後述のキバレンジャーとアバレキラー同様に初期メンバーの色にも用いられている白をメインカラーとした追加戦士ではあるが、デカブレイクに変身する姶良鉄幹(テツ)はデカレンジャーの活動する地球署で研修活動を行っていたが、『特捜戦隊デカレンジャー』Episode.50(最終話)でファイヤースクワッドに異動したデカレッド・赤座伴番(バン)の代わりに、地球署の正式なメンバーになった。
    • キバレンジャー・メガシルバー・ガオシルバー・アバレキラー・マジシャイン・ボウケンシルバー・ゴーオンゴールド・ゴーオンシルバー・シンケンゴールド・ゴセイナイト
      • 2話にかけて召喚され、ゴーカイジャーを苦しめるが、ゴーカイジャーのチームワークを生かした斬撃により倒される。
  • 今回召喚された戦士のレンジャーキー15個は、ゴーカイシルバーのゴーカイセルラーに登録されているなど、ゴーカイシルバー登場に関して重要な回となっている。

ゴーカイレッドVSマジシャイン、シンケンゴールド

  • 光繋がりと番外戦士にレッドがいる繋がり
    • 番外レッドはウルザードファイヤー・小津勇と姫シンケンレッド・志葉薫。
  • 『未来戦隊タイムレンジャー』(タイムファイヤー)との共通点
    • 3つとも初期メンバーのカラーリングが赤・桃・青・黄・緑で一致し、後から登場する戦士も赤色である。

ゴーカイブルーVSキバレンジャー、ゴセイナイト

  • 「敵の関係者」「猫科をモチーフにしている」という共通点がある戦士
    • ジョーが元ザンギャックであったように、キバレンジャー・コウはゴーマ族のシャダム中佐の実子であり、ゴセイナイトの元の姿であるグランディオンヘッダーは救星主のブラジラが護星天使だった頃の仲間だった。
  • 『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(ドラゴンレンジャー)との共通点
    • コウ役の酒井寿は『ジュウレンジャー』で幼少の頃のブライ(ドラゴンレンジャーの変身者)を演じた。
    • 『ジュウレンジャー』と『天装戦隊ゴセイジャー』には「初期メンバーのカラーリングが赤・黒・青・黄・桃」「緑色の戦士が死亡する」という繋がりがある。
      • ブライは最終決戦前に死亡しており、ゴセイグリーン・マジス(ゴセイブルー・ハイドの相棒)は他のメンバーと合流する前に戦死している。

ゴーカイイエローVSゴーオンウイングス

  • ゴーオンウイングスは須塔兄妹で構成されたチームであり、ルカにもリアという妹がいる。
  • 『超力戦隊オーレンジャー』(キングレンジャー)との共通点
    • どちらもタイヤから人型に変形する巨大ロボットが登場する(『オーレンジャー』はタックルボーイ、『炎神戦隊ゴーオンジャー』はゴローダーGT)。

ゴーカイグリーンVSメガシルバー、ガオシルバー

  • 技術者とニックネーム繋がり
    • メガシルバー・早川裕作はI.N.E.T.の技術者であり、料理が得意。ガオシルバー・大神月麿は1000年前はシロガネ、現代ではシルバーのニックネームで活動。
  • 『忍風戦隊ハリケンジャー』(シュリケンジャー)との共通点
    • メガレッド・伊達健太役の大柴邦彦とメガブルー・並樹瞬役の松風雅也は『ハリケンジャー』に出演しており、シュリケンジャーの変装として登場している。
    • シュリケンジャーは『忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー』で大神と共演している。

ゴーカイピンクVSアバレキラー、ボウケンシルバー

  • 救助関係と姫繋がり
    • アバレキラー・仲代壬琴は外科医であり、ボウケンシルバー・高丘映士はプレシャスの能力で救助活動を行う組織・サージェスレスキューの一員。
    • 『アバレンジャー』では劇場版で、古代ダイノアースの王女フリージアが登場しており、『ボウケンジャー』ではボウケンイエロー・間宮菜月が古代レムリア人の生き残り・リリーナ姫だった。
  • 『特捜戦隊デカレンジャー』(デカブレイク)との共通点
    • デカブレイク・姶良鉄幹(テツ)はVSシリーズで壬琴や映士と共闘している。


スーパー戦隊199ヒーロー大決戦とのつながり

  • 第16話と第17話の間となる劇場版1とはいくつかのつながりがある。
    • レンジャーキーを戦士として召喚し、ゴーカイジャーと戦わせるという戦法は、劇場版1で黒十字王も使用している。
    • 「新たに手にいれたレンジャーキー」
      • 劇場版1では、この前後編で手にいれた15個のレンジャーキーについて「新たに手にいれたレンジャーキー」と呼んでいる。
      • 第16話でレンジャーキーを入手し、まだ豪快チェンジをした事がなかったため、ゴーカイジャー5人はゴセイナイトのレンジャーキーについて記憶になかった。