魏国紳士 Web恋姫†無双@wiki




@wiki
■ @wiki
■ @wikiご利用ガイド


Counter
■ 合計 : -
■ 今日 : -
■ 昨日 : -


History
取得中です。


8鯖呉wiki

*.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

抱き上げていた蒲公英をそっと寝台へ降ろす。
俺の首に回されていた彼女の腕に力が入るのが分かった。

「ご主人様…」

そう呟くように言い、彼女はうっすらと目を開ける。
潤んだ、しかしどこか決意を秘めたような瞳。
紅潮し、汗の浮いた頬。

「蒲公英…」

「…うぅー…」

彼女の名前を呼ぶと、蒲公英は恥ずかしそうに俺の胸に顔を埋めた。

「はは…しばらくこのままでいようか」

俺は蒲公英の頭を軽く撫でながら言う。
俺の胸で「うぅー…」だとか「むー」と唸りつつ、頭をもぞもぞと動かす蒲公英。
そのたびに揺れる彼女のポニーテール。
それを目で軽く追いながら撫で続けていると、やおら頭を上げた蒲公英が
今までより熱のこもった瞳をこちらに向けた。

「うん、心の準備は出来たよ…。
  ご主人様、たんぽぽをご主人様のものにし

        • 省略されました。続きを読みたい方はわっふるわっふると書き込んでください。---