有識者見解レス一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・外壁構造、福島一号機爆発事件について



6 名前:名無電力14001 :2011/03/12(土) 22:25:38.96
   とりあえず原子炉本体について詳しいわけではないがコンクリートについてなら知識ある立場から言わせてもらうと
   原子力発電所の建屋のメイン部分のコンクリート壁はアホみたいな(表現は悪いが)厚さ(約2m)がある。
   この壁があんな程度(日本テレビに映ってた動画)で爆発で吹き飛ぶことはまず無い。
   http://www.nisa.meti.go.jp/shingikai/800/1/016/sanko-1.pdf
  丁度いい資料があったから貼っとくけど
   http://www.jnes.go.jp/bousaipage/sisetu/npp.htm
   ここにある『BWR発電所の鳥瞰図』、『BWR発電所の鳥瞰図』ってのを見てくれ…
   官房長官の記者会見にあった「建屋の壁が吹っ飛んだ」的な表現は誤解を招くと思う。
   今回の爆発で吹っ飛んだのは一番外側の壁とか天井であって「原子炉格納容器」が無傷だったのはもちろん
   建物の本体ともいうべきその周りにあるコンクリート壁もほぼ無事だったと考えるべき。