※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【黒猫探偵団機密資料/out of game】

  • 6月4日
チュートリアルに参加していたプレイヤーのもとに、DVDが届き始める。
DVDの中身はみなかみ町長岸良昌氏からのメッセージだった。

  • 6月9日
阿部光利のTwitterアカウント(abe32104)が判明する。
阿部はみなかみ町で異変が起こっていると説明し、6月18日に行われる現地説明会に参加してもらいたいと呼びかける。

  • 6月18日
みなかみ町で現地説明会が行われる。
現地説明会場に、突然謎の三人組が乗り込んでくる。彼らはナインクルーズの社長三上、副社長新庄、秘書諏訪だった。
説明会終了後、プレイヤーの一人に謎の男が接触。IDとパスワードが書かれた名刺を差し出される。

説明会場の資料から、ナインクルーズの企業サイトが判明。企業サイトを開いているとIDとパスワードを求められる。
そこに謎の男から教えてもらったIDとパスワードを入力すると、企業のセキュリティサイトにアクセスできる。

セキュリティサイトの中には、謎のZIPファイル「minakami_land.zip」が格納されていた。

  • 6月21日
インターネットでのプレイヤーの動きを監視されていると危惧したプレイヤーたちにより、フォーラムにログインしないと表示されない隠しトピック「作戦会議室」が創設される。
ナインクルーズ副社長新庄のTwitterアカウント(shin_9cruise)が発見される。
プレイヤーが新庄と交流用のTwitterアカウント(seabuss_123)を制作し、潜入捜査を開始する。

  • 6月22日
新庄のつぶやきなどにより、「minakami_land.zip」のパスワードが解析される。パスワードは「project_minakami」。
以降のZIPも、このパスワードで解除することができるようだ。

「minakami_land.zip」
の中身は、
「hotakakun_design1.jpg」
「hotakakun_design2.jpg」
「land_image.jpg」
「land_logo.jpg」
「land_plan.pdf」

の5ファイル。

これにより、ナインクルーズがプロモーション活動を行おうとしていることが判明する。
ナインクルーズはプロモーション活動を行うことで、みなかみ町を説得しようとする意図が判明する。

同時期、フォーラムでみなかみランドが建設されても、地元の利益にはならないのではないかという推測が行われる。

  • 6月27日
企業サイトが更新され、ソースにセキュリティサイトにアクセスするためのヒントが隠されていた。
再びセキュリティサイトにアクセスが行われ、新しいファイル「minakami_land2.zip」が入手される。

「minakami_land2.zip」
の中身は、

「land_image_color.jpg」
「ninecruise_minutes.pdf」

フォルダ「storyboard」の中に、
「pv_conte1.jpg」
「pv_conte2.jpg」
「pv_conte3.jpg」
「pv_conte4.jpg」

のファイルが入っていた。

また、「land_image_color.jpg」には、「M」と名乗る人物からのメッセージが入っていた。
メッセージには、ナインクルーズのプロモーション計画を阻止するため、同社が制作しているPVを土壇場で差し替えるというもの。
差し替えるためのPVをプレイヤーに依頼するという内容だった。

  • 6月28日〜
プレイヤーたちの間で、差し替え用のPV制作の中身について議論が行われる。