マスターセレクト




マスターセレクト組み合わせ簡易一覧表

作品 キャラクター 入手できるベーシック機体/本物 本物開発 ベーシック設計開発 開発派生 詳細
1st アムロ・レイ ガンダム本物 Lv4 トルネードLv4 ガンダム(1st)系 こちら
シャア・アズナブル シャア専用ゲルググ本物 Lv4 クリア後に設計可能 ジオン(OT)系 こちら
0083 コウ・ウラキ ガンダム試作1号機本物 Lv4 クリア後に設計可能 ガンダム試作系 こちら
アナベル・ガトー ガンダム試作2号機本物 Lv4 クリア後に設計可能 ガンダム試作系 こちら
Z カミーユ・ビダン Zガンダム本物 Lv5 フェニックス・ゼロLv4 Ζ系 こちら
クワトロ・バジーナ 百式本物 Lv5 クリア後に設計可能 Ζ系 こちら
ジェリド・メサ ガンダムMk-II(黒)本物 Lv5 クリア後に設計可能 ガンダムMk系 こちら
ZZ ジュドー・アーシタ ZZガンダム本物 Lv10 クリア後に設計可能 Ζ系 こちら
ハマーン・カーン キュベレイ本物 Lv7 クリア後に設計可能 ジオン(NT)系 こちら
CCA アムロ・レイ νガンダム本物 Lv10 フェニックスLv4 アナハイム系 こちら
シャア・アズナブル サザビー本物 Lv10 クリア後に設計可能 ネオジオン系 こちら
UC バナージ・リンクス ユニコーンガンダム本物 Lv12 フェニックス(解放)Lv4 ガンダムUC系 こちら
F91 シーブック・アノー ガンダムF91本物 Lv9 クリア後に設計可能 フォーミュラ系 こちら
クロスボーン トビア・アロナクス クロスボーン・ガンダムX1本物 Lv8 クリア後に設計可能 クロスボーン系 こちら
V ウッソ・エヴィン Vガンダム本物 Lv5 フェニックス・ゼロLv4 Vガンダム系 こちら
G ドモン・カッシュ シャイニングガンダム本物 Lv5 フェニックス・ゼロLv4 Gガンダム系 こちら
W ヒイロ・ユイ ウイングガンダム本物 Lv7 フェニックス(解放)Lv4 Wガンダム系 こちら
ゼクス・マーキス トールギス本物 Lv5 クリア後に設計可能 OZ系 こちら
X ガロード・ラン ガンダムX本物 Lv5 フェニックスLv4 ガンダムX系 こちら
ロラン・セアック ∀ガンダム本物 Lv5 トルネードLv4 ∀ガンダム系 こちら
SEED キラ・ヤマト エールストライクガンダム本物 Lv5 トルネードLv4 地球連合系 こちら
アスラン・ザラ イージスガンダム本物 Lv5 クリア後に設計可能 地球連合系 こちら
DESTINY シン・アスカ ソードインパルスガンダム本物 Lv7 フェニックス(解放)Lv4 ザフト系 こちら
00 刹那・F・セイエイ ガンダムエクシア本物 Lv5 フェニックスLv4 純正太陽炉系 こちら
ミスター・ブシドー アヘッド・サキガケ本物 Lv5 クリア後に設計可能 擬似太陽炉系 こちら

簡易一覧表補足

  • 「入手できるベーシック機体/本物」は、その機体の名称とその機体のリンク。
    • 機体の名称をクリックすることでベーシックの詳細を、「本物」をクリックすることで本物の詳細を見ることができる。
  • 「本物開発」はベーシック機から本物を開発する際に必要なレベル。
    • 平均レベルは6.2。平均より早い機体は青で、平均より遅い機体は赤で表示。
  • 「ベーシック開発設計」のトルネードはトルネードガンダムのこと。
    • 同様に、フェニックスはフェニックスガンダム、フェニックス(解放)はフェニックスガンダム(能力解放)のこと。
  • 「開発派生」は、本物から開発できる機体の目安。
  • 「詳細」は、「こちら」をクリックすることで、そのキャラクターと機体の詳細を見ることができる。
    • 初期射撃値第1位などは、特筆しない限りマスターセレクト内に限定されます。

マスターセレクトに関する基本知識

  • マスターセレクトは、最初と新しいランク出現時の計4回。
  • マスターセレクトに登録されているキャラクターは通常スカウトも可能。無料&ベーシック付きでスカウトできると考えて良い。
    • マスターセレクトで入手したベーシック機は生産登録されない。
  • 全てのベーシック機体がクリア後に設計可能。また、約半数はトルネードガンダムを開発していくことでも生産登録可能。
    • トルネードガンダムは初期登録機体で、最初から3機所持。フェニックス・ゼロは最初から1機所持。
    • トルネードガンダムLv3→フェニックス・ゼロLv3→フェニックスガンダムLv7→フェニックスガンダム(能力解放)。
      • トルネードガンダムの開発派生一覧はこちら


マスターセレクト組み合わせ別詳細

  • 初期射撃値第1位などは、特筆しない限りマスターセレクト内に限定されます。
  • 「トルネード開発」=トルネードガンダムを介する開発ルート。
    • 「通常開発」=トルネードガンダムを介さない開発ルート。
    • 「設計を活用」=設計を1回使用した通常開発の回数。「設計をフル活用」=設計を2回以上使用した通常開発の回数。
    • 「捕獲開発」=捕獲した機体から開発する場合。

アムロ・レイ(1st)

特筆事項
特に無し。

ベーシック機体
ベーシックの中では2番目に威力が高い格闘系武装「ハイパーハンマー」を持つ。

本物機体
通常開発はジムから3回。
全ての原点。
設計機体としても優秀で武装も通常6種類と最多。
一年戦争系を開発できる。
道のりは長いが、歴史通りの派生でΞガンダムかV2ガンダムまで開発できる。

キャラクター
このアムロのみ、専用アビリティ「白い悪魔」を修得できる。

シャア・アズナブル(1st)

特筆事項
全キャラクターの中でのリーダー向きおすすめキャラクター。
初期指揮値第1位(15)、同着2名。
目的別おすすめ準選考キャラクター。

ベーシック機体
実際に入手できるのはゲルググ(ベーシック)。シャアが搭乗して初めてシャア専用ゲルググ(ベーシック)になる。

本物機体
ベーシック同様、普通のゲルググであり、シャアが搭乗して初めてシャア専用ゲルググになる。
通常開発はザクIIから2回。
サイコミュのないジオン系を開発できる。
後継機のジオングはハマーンのキュベレイから派生できる。

キャラクター
このシャアのみ、専用アビリティ「赤い彗星」を初期修得している。

コウ・ウラキ

特筆事項
特に無し。

ベーシック機体
換装で宇宙適性Aか地上適性Aかを切り替えることができる。

本物機体
ベーシック同様、宇宙適性Aか地上適性Aかを切り替えることができる。
本物はフルバーニアン形態で移動と機動が上がる。
通常開発はジムから4回。
アムロ・レイのガンダムから1回、アナベル・ガトーのガンダム試作2号機から1回。
ガンダム試作系は勿論、ガーベラ・テトラからアクシス系を、ガンダムから一年戦争系を開発できる。

キャラクター
サイズXL以上の機体のスペシャリストで後継機との相性も抜群。
覚醒0のために最終ステータス合計は低いものの、初期ステータスは悪くない。

アナベル・ガトー

特筆事項
目的別おすすめ準選考キャラクター。

ベーシック機体
ベーシックの中では最高の威力と射程と消費ENの特殊射撃系武装「アトミックバズーカ」を持つ。地味に命中が最低。

本物機体
全機体の中で最高威力の武装・アトミックバズーカを持つ。威力が約3倍になり特殊マルチロックになった。
デメリットは変わらないが、相対的に緩和されて消費ENがワースト2位に。
MAP兵器版も追加され、全MAP兵器の中で最高の威力を持つ。
通常開発はジムから5回。
アムロ・レイのガンダムから2回、コウ・ウラキのガンダム試作1号機から1回。
ガンダム試作系は勿論、ガーベラ・テトラからアクシズ系を開発できる。
後継機はオッゴから開発できるビグ・ラングから1回。

キャラクター
特に無し。

カミーユ・ビダン

特筆事項
全キャラクター中最大の覚醒補正を得ることが可能なアビリティ構成。
全キャラクターの中での覚醒武装向きおすすめキャラクター。
初期覚醒値第1位(65)。さらに、最終ステータス合計値第3位(537)。
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
変形可能。武装は弱体化するが、空適性Bが付く。

本物機体
トルネード開発は3回。通常開発はジムから9回と非常に長い。トルネード開発推奨。
ジェリドのガンダムMk=II(ティターンズ仕様)から5回、クワトロ・バジーナの百式から2回で開発できる。
Zガンダムから派生した様々なZ系を開発できる。

キャラクター
特に無し。

クワトロ・バジーナ

特筆事項
全キャラクターの中での艦長向きおすすめキャラクター。
初期指揮値第1位(15)、同着2名。
目的別おすすめ(機体の性能)(スカウトコスト)ダブル準選考キャラクター。

ベーシック機体
特に無し。

本物機体
通常開発はジムから7回。
ジェリドのガンダムMk=II(ティターンズ仕様)から3回、カミーユ・ビダンのZガンダムから2回で開発できる。
マルチロックにMAP兵器も持つ。
中間的機体ゆえ、ガンダムMk系、百式系を開発できる他、デルタプラスを介してZ系、センチネルも開発できる。

キャラクター

ジェリド・メサ

特筆事項
全キャラクターの中でのリーダー向きおすすめキャラクター。

ベーシック機体
実はエゥーゴ仕様、ティターンズ仕様、どちらのMK-IIにもLv4で開発可能。
お互いがお互いを開発可能なので、欲しい機体に応じて開発先を変えることも可能。

本物機体
通常開発はジムから4回。
捕獲開発として、ステージA02のジム・クゥエルから2回。
Zガンダム系限定で優秀な開発設計素材。
ヘイズル系、ガンダムMk系を開発できる他、バーザムを介してゼク系も開発できる。
後継機はザクIIからグフ系を介してアッシマーから開発する。

キャラクター
通常スカウトコストと初期ステータスが一番低い。
しかし、2人しかいないLv1の時点でエリートを修得可能なキャラクター。

ジュドー・アーシタ

特筆事項
全キャラクターの中での整備向きおすすめキャラクター。

ベーシック機体
変形可能。武装は弱体化するが、空適性Bが付く。
ベーシックの中では3番目に威力が高いBEAM射撃系武装「ダブルキャノン」を持つ。
早期開発できる量産型ZZガンダムは、ZZガンダムを開発する場合に、回数は増えるが必要経験値を減らすことができる。
また、同機はステージ攻略中に出現しないため、ユニットコレクションを増やす面でも優れている。

本物機体
Z系、ZZ系を開発できる他、フルアーマーZZガンダムからはセンチネル系を開発できる。

キャラクター
専用アビリティ「シャングリラ魂」で燃費改善に高い適性を持つ。
搭乗機との相性は良いが、覚醒武装との相性も良い。

ハマーン・カーン

特筆事項
全キャラクターの中での艦長向きおすすめキャラクター。
初期魅力値第1位(12)。
目的別おすすめ(機体の入手)(スカウトコスト)ダブル選考キャラクター。

ベーシック機体
ファンネルが無くならず、覚醒から特殊射撃に変更されている。威力は低いが開幕の射程が1長い。

本物機体
通常開発はオッゴから5回。開発途中でジオンのMAを経由する。
ネオジオン系を開発可能。

キャラクター
特に無し。

アムロ・レイ(CCA)

特筆事項
全キャラクターの中でのリーダー向きおすすめキャラクター。
初期射撃値第一位(31)。さらに、初期反応値第一位(34)。そして、最終ステータス合計第2位(540)。
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
特に無し。

本物機体
トルネード開発は4回。通常開発はザクIIから6回。
アムロ・レイ(1st)のガンダムから5回で開発できる。
νガンダム系を開発できる他、サザビーからネオジオン系も開発できる。

キャラクター
覚醒武装との相性が良い。

シャア・アズナブル(CCA)

特筆事項
全キャラクターの中でのリーダー向きおすすめキャラクター。
初期射撃値第1位(31)。さらに、初期指揮値第一位(15)、同着2名。そして、最終ステータス合計第1位(544)。
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
特に無し。

本物機体
通常開発はザクIIから5回。
アムロ・レイ(CCA)のνガンダムから1回で開発できる。
ネオジオン系を開発できる他、シナンジュからガンダムUC系も開発できる。

キャラクター
特に無し。

バナージ・リンクス

特筆事項

ベーシック機体
本物開発が一番遅いLv12。マスターセレクトで入手すれば、この方法が最速の開発法。

本物機体
トルネード開発で5回。
ガンダムUC系を開発できる。

キャラクター
搭乗機との相性は悪くないが、それ以上に覚醒武装との相性が良い。

シーブック・アノー

特筆事項
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
飛行可能。

本物機体
フォーミュラ系、クロスボーン系を開発できる。
クロスボーン・ガンダムX1からフリント、レコードブレイカーを介してVガンダム系を開発できる。

キャラクター
搭乗機との相性が良い。

トビア・アロナクス

特筆事項
マスターセレクトにおいて、危険性は少ないがバグが存在する。詳細はバグ・裏技・誤記等内の該当項目参照。
全キャラクター中唯一格闘射程+2が可能なアビリティ構成。
目的別おすすめ準選考キャラクター。

ベーシック機体
早期開発できるフリントの発展性が非常に高い。
フリントはクロスボーン系は勿論、同X2から木星帝国系を、レコードブレイカーからフォーミュラ系、Vガンダム系を開発できる。
また、クロスボーン・ガンダムX1を開発する場合も、回数は増えるが必要経験値を減らすことができる。

本物機体
クロスボーン系を開発できる。

キャラクター
特に無し。

ウッソ・エヴィン

特筆事項
目的別おすすめ準選考キャラクター。

ベーシック機体
飛行可能。変形可能で、武装は弱体化するが空適性がBになる。換装不可。

本物機体
換装で砲戦と格闘戦の両方をこなす事ができる。
トルネード開発で3回。通常開発でジムから6回。トルネード開発推奨。
Vガンダム系を開発できる。

キャラクター

ドモン・カッシュ

特筆事項
初期格闘値第1位(35)。さらに、初期守備値第1位(32)。

ベーシック機体
ベーシックの中では唯一の必殺技所持機体。

本物機体
通常開発はブッシから2回。
Gガンダム系を開発できる。

キャラクター

ヒイロ・ユイ

特筆事項
全キャラクターの中での攻撃向きおすすめキャラクター。

ベーシック機体
変形可能。武装は弱体化するが、空適性Bが付く。

本物機体
通常開発はエアリーズから3回。
Wガンダム系を開発できる。

キャラクター
専用アビリティ「オペレーションメテオ」は覚醒武装に限定しないで威力を直接上げることができるアビリティ。
後継機との相性は悪くないが、それ以上にヘビーアームズなど多段武装を持つユニットとの相性が良い。

ゼクス・マーキス

特筆事項
マスターセレクト中唯一移動+2が可能なアビリティ構成(全キャラクターでは他にジョニー・ライデンがいる)。
全キャラクターの中での攻撃向き、リーダー向き、育成向きおすすめキャラクター。

ベーシック機体
飛行可能。

本物機体
通常開発はエアリーズから2回。
OZ系、ウィングガンダム系を開発できる。

キャラクター
2人しかいないLv1の時点でエリートを修得可能なキャラクター。

ガロード・ラン

特筆事項
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
飛行可能。

本物機体
特殊マルチロックとMAP兵器を持つ。
ガンダムX系に派生できる。
GX系、レオパルド系、フロスト兄弟系と派生先にマルチロック持ちが多い。

キャラクター
MP上昇に高い適性を持つ。

ロラン・セアック

特筆事項
全キャラクターの中での艦長向き、副長向きおすすめキャラクター。
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
ベーシックの中では2番目に威力が高い格闘系武装「ハイパーハンマー」を持つ。

本物機体
トルネード開発は2回、通常開発はウァッドから6回。トルネード開発推奨。
直接開発できる後継機が強力。小ネタ記載の「∀転がし」で金策も万全に。

キャラクター
専用アビリティ「ローラ・ローラ」は唯一無二の部隊のMP上昇サポートアビリティ。
また、おすすめアビリティの真面目を初期修得しており、レベルアップが早い。

キラ・ヤマト

特筆事項

ベーシック機体
飛行可能。換装不可。

本物機体
換装可能で様々な敵に対応できる。
通常開発はスカイグラスパーから1回。
地球連合系に開発できる他、ルージュを介してフリーダムやジャスティスも開発できる。

キャラクター
特に無し。

アスラン・ザラ

特筆事項
特に無し。

ベーシック機体
変形可能。空適性はCだが、武装の威力が強化される。

本物機体
通常開発はM1アストレイ、及び、スカイグラスパーから4回。
キラ・ヤマトのストライクガンダムから3回。
後継機のセイバーガンダム、ジャスティスガンダム、インフィニットジャスティスガンダムはイージスガンダムから5回と比較的長い。
後継機は、シン・アスカのインパルスガンダムから3回、M1アストレイ、及び、スカイグラスパーから4回で開発できる。
地球連合製ガンダムに開発できる。

キャラクター
特に無し。

シン・アスカ

特筆事項
特に無し。

ベーシック機体
換装不可。

本物機体
トルネード開発は5回、通常開発はスカイグラスパーから5回。
キラ・ヤマトのストライクガンダムから4回。
換装可能で様々な敵に対応できる。
ザフト製ガンダム系を開発できる。

キャラクター
特に無し。

刹那・F・セイエイ

特筆事項
特に無し。

ベーシック機体
飛行可能。

本物機体
トルネード開発は4回。通常開発はAEUヘリオンから9回。設計をフル活用しても5回。
EXPが高い機体が多く、半分は逆走開発なので通常開発は辛い。トルネード開発推奨。
純正太陽炉系を開発できる。最終的には擬似太陽炉系も開発できる。

キャラクター
特に無し。

ミスター・ブシドー

特筆事項
目的別おすすめ選考キャラクター。

ベーシック機体
特に無し。

本物機体
通常開発はAEUヘリオンから5回。
擬似太陽炉系を開発できる。最終的には純正太陽炉系も開発できる。
後継機のマスラオ、スサノオは本物機体から開発できる他、ユニオンリアルドからも4回で開発できる。
(ユニオンリアルドから開発する場合、本物機体以外の搭乗機を生産登録できる。)

キャラクター
特に無し。


目的別おすすめマスターセレクト

機体の性能で選ぶ

機体の性能で選ぶ場合、ベーシックから簡単に空適性B以上の特殊マルチロック持ち機体を開発できる機体がおすすめ。
それに該当するユニットを入手する場合は「ロラン」「ガロード」が良い。
どちらも、「ベーシック→∀ガンダム→∀ガンダム(能力解放)」「ベーシック→ガンダムX→ガンダムDX」と2回の開発で入手できる。
なお、空適性や属性を限定しない場合に1回の開発でマルチロック持ち機体を入手できるのは「ガトー」「クワトロ」「ガロード」の3人。

機体の入手で選ぶ

機体の入手で選ぶ場合、様々な要因で開発が大変であるのに、発展性が高い機体がおすすめ。
それに該当するユニットを入手する場合は「ハマーン」「シーブック」「ブシドー」が良い。
ハマーンのキュベレイは、クシャトリヤやグレートジオングなどのサイコミュ系を開発できる。
シーブックのF91は、フォーミュラ系やクロスボーン・ガンダム系を開発できる。また、後者を経由してVガンダム系も開発できる。
ブシドーのサキガケは、ガンダム00両シーズンの擬似太陽炉系を開発できる。

なお、本物を開発することにこだわらない場合は、ベーシック機からフリントを開発できる「トビア」も優秀。
フリントの発展性自体はF91と同等。違いは、フォーミュラ系が遠くクロスボーン・ガンダム系(及び、Vガンダム系)が近いこと。

スカウトコストで選ぶ

キャラクターのスカウトCOSTで選ぶ場合、COSTが高いキャラクターを選ぶのがおすすめ。
該当するキャラクターは「アムロ・レイ(U.C.0093))」「シャア・アズナブル(U.C.0093)」「カミーユ・ビダン」「ハマーン・カーン」の4名。
マスターセレクトでは、この4名がCOST:50000。
次は、COST:49900のクワトロ・バジーナ。その次は、COST:49700のウッソ・エヴィン、シャア・アズナブル(U.C.0079)。

ギャラリー目当てで選ぶ

ギャラリー100%にするのにスカウト必須キャラを選ぶ。
該当するキャラクターは「シャア(クワトロ含む)のいずれか1人」「ハマーン」の2名。
2名は専用機をギャラリー登録するのにスカウトする必要があるので登録だけして使わないのもあり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。