※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近価格の安いオークションをよく見かけます。然し其等に騙されてはいけません。それらのオークションを「ぺ二オク」(ペニーオークション)と言い、それらのオークションは大抵一度の入札につき一円づつ上がっていき、75円の料金を請求されます。なので価格が200円の場合、運営側は14925円の利益を得ます。ちなみにこのオークションは最終的には運営と落札者だけが利益を得る形式となっています。損をしたくなければぺ二オクなんかしない事ですね・・・。まあ、簡潔にまとめればぺ二オク=賭博、即ちギャンブルです。なお人ではなく桜やコンピューターが入札して代金を釣り上げて来る所もあります。

まあ、これ等のサイトがそうです。他にも有りますけど。


以下、wikipediaより引用

ペニーオークション(英: penny auction)は、開始価格や落札価格は通常のオークションに比べると低額であるが、入札する度に手数料が必要になる形式のインターネットオークションである。2005年に開設されたSwoopo(ドイツ・旧名:Telebid)がこの形式の発祥とされる。

特徴
入札者にとっては、開始価格が1円~数百円程度と低額で、しかも、1回の入札金額の単位も低額で固定されていることが多いため、多数の入札があっても、安価に落札することが可能であるという魅力がある。しかし、入札ごとに手数料が必要なため、競り合って何回も入札した場合などには落札額に手数料と送料を合計すれば必ずしも安価といいきれない場合もある。

また、結果的に落札できなかった場合には、手数料を失うのみになる。

出品される商品は中古のものではなく、新品が用意されることが多い。また、手数料が無料のオークションや、落札経験のないユーザ向けの初心者オークションを用意している場合もある。

出品する側の企業にとっては、商品のコストを上回る落札額によって利益を得ることを目的とするのではなく、手数料によって利益を上げることを目的とするビジネスモデルである。

トラブル
商品を落札できなくても高額な入札手数料が発生するうえ、一切返金されないため、2010年に入って国民生活センターへの相談が増加しており、[1]相談件数は2009年度が19件、2010年度は173件と急増傾向にある。

2010年秋以降、ペニーオークションに関するトラブルの報道の影響から、サイト閉鎖が相次いだ[2][3][4]。

また、2010年12月には、消費者庁が利用に注意喚起を促した[5]。

国民生活センターは助言として

ギャンブル性の高さをよく理解した上で慎重に利用すること
自動入札機能などを使う場合には冷静な判断力を失わないこと
落札できなくても手数料や仮想通貨が一切返金されない
サクラの存在が疑われる不審なサイトを避ける
ことを挙げている[6]。