Xenイメージファイルのコピー手順


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DNSの設定がDHCPになってる場合は、中身全部消して上書きしておく。
# vi /etc/resolv.conf
search xxx.com
nameserver 192.168.0.6
nameserver 202.224.32.1

DHCPとeth0を切っておく。IPとかも消しとく(後でsedで置換しちゃう)
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=no
HWADDR=00:16:3E:63:95:XX
IPADDR=192.168.0.XXX

複製元OS SSHサーバのホスト鍵を削除します。
# rm -rf /etc/ssh/ssh_host*

複製元OS rootユーザのbash履歴ファイルも削除します。
# rm -rf /root/.bash_history

この状態でtarボールにでもしておくと便利かも。
で、ここから通常オペレーション。

  • 複製元Domain-Uの仮想ディスクイメージファイルをコピー
# cd /var/lib/xen/images/
# cp -p domain1.img domain2.img

  • 新しいConfigファイルを作成
# cd /etc/xen/
# cp -p domain1 domain2

viなどのエディタでConfigファイルを開き、ドメイン名、仮想ディスクイメージファイル名、MACアドレス、uuidを変更します。
MACアドレスは、前半の'00:16:3e'は、Xenで共通で使用するものです。
後半の3つを同じセグメントで重複しないよう適当に変更します。
ここでは、末尾よりひとつ前を+1しています。
uuidも、末尾のひとつ前を+1しています。
以下、Configファイルの変更箇所のみ記述します。
    • 変更前
name = "domain1"
disk = [ 'tap:aio:/var/lib/xen/images/domain1.img,xvda,w', ]
vif = [ 'mac=00:16:3e:63:94:e3, bridge=xenbr0', ]
uuid = "079e8369-f9ad-0e06-0b95-9b360be8ee0a"
    • 変更後
name = "domain2"
disk = [ 'tap:aio:/var/lib/xen/images/domain2.img,xvda,w', ]
vif = [ 'mac=00:16:3e:63:95:e3, bridge=xenbr0', ]
uuid = "079e8369-f9ad-0e06-0b95-9b360be8ee1a"

IPがわからんので -c でコンソール直結。
xm create domain2 -c

ホスト名を変更します。必要な部分だけ書きます。
# vi /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=domain2

IPアドレス、 Xenコンフィグファイルのvifで指定したMACアドレスを書きます。必要な部分だけ書きます。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:16:3E:63:95:E3
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.0.13
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.0.1

ラクするならこちら。IPとかは適宜書き換えて使ってね。

○DomUを最初に起動する前に動かすコード
cp /etc/xen/standard /etc/xen/www01
sed -i 's/name = "standard"/name = "www01"/g' /etc/xen/www01
sed -i 's/maxmem = 512/maxmem = 512/g' /etc/xen/www01
sed -i 's/memory = 512/memory = 512/g' /etc/xen/www01
sed -i 's/uuid = "37d373d8-22ae-7923-2e14-3977aa63ac00"/uuid = "37d373d8-22ae-7923-2e14-3977aa63ac1f"/g' /etc/xen/www01
sed -i 's/disk = \[ \"tap:aio:\/kfs_alpha\/xen\/standard.img,xvda,w\" \]/disk = \[ "tap:aio:\/kfs_alpha\/xen\/www01.img,xvda,w\" \]/g' /etc/xen/www01
sed -i 's/vif = \[ \"mac=00:16:3e:63:95:00,bridge=xenbr0\" \]/vif = \[ \"mac=00:16:3e:63:95:1f,bridge=xenbr0\" \]/g' /etc/xen/www01
cp /kfs_alpha/xen/standard.img /kfs_alpha/xen/www01.img


○DomUを最初に起動させてから動かすコード
sed -i 's/IPADDR=192.168.0.XXX/IPADDR=192.168.0.2/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
sed -i 's/HWADDR=00:16:3E:63:95:XX/HWADDR=00:16:3E:63:95:02/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
sed -i 's/ONBOOT=no/ONBOOT=yes/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0