※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

波動原理・ゼロ点効果の纏めサイト - 放射能除去法纏めサイト
無数の除去事例や超常的現象、量子の共鳴効果による意識・社会・環境の改善
万物における波動情報の原理・作用・効果・影響・意味合いと形成・発展・永続化

量子(電子・陽子・中性子・光子・ニュートリノ)=波動(気)・ゼロ点(Zero Point Field)・電磁波・プラズマ・幾何学的形態・物質(珪素・量子水・酵素)・微生物・コイル・波動器具・波動農法や意識・言葉・パワースポットなど、波動原理の各種効果(超科学・超能力・元素変換・健康・意識覚醒・自然環境の浄化・森羅万象の好転)

***************************

このサイトは、以下の項目について、「諸情報・諸サイトの情報のまとめと、これを基にした考察」を行います。
・「放射能の除去事例」
・「従来科学と異なる諸現象」と、その前提として存在する「波動原理」の考察。
・「波動原理上の現象・原理・作用・効果」と「波動原理の一般化が起こす、社会の全ての認識論・状況の激変」について。

目標は「波動原理の社会的認知」と、それによる「放射能汚染の完全除染」「環境汚染の浄化」「地球の自然環境が素晴らしくなること」「意識が高まり、皆が幸福になり、真の平和が訪れ、世界中が良い社会になること」「科学技術の進展」です。

サイトの記述内容は、随時改編しています。
規約により1ページ辺りの文字数制限があり、できるだけ文字数を削る必要があるので、漢字表記を多くしています。また内容は長文ですが、意味合いを把握し易くする目的で「」を多用しています。御了承を御願い致します。

除染事例、従来科学と異なる現象、波動原理上の現象・報告例・観測結果・論を御存知の方や、不明な点が御座いましたら housyanoujokyo アット excite. co. jp へ御連絡を御願い致します。

このサイトの記事内容の全文・部分の転載・改編は、いくらでもしてもらって構いません。著作権は放棄します。リンクフリーです。

***************************+

項目1:波動原理と放射能除染の概略

  「波動原理」 とは、宇宙の最も根源的な科学原理です。これは 「量子(波動)=情報=エネルギー」=「全量子が情報=エネルギーを帯びている」=「森羅万障は情報=エネルギーである」 という事が基本となります。

《「量子」「量子的性質」「波動原理」の最も基本的な概念・性質》
量子
・「電子」「陽子」「中性子」「ニュートリノ」「光子」などの総称。
・全ての量子は「情報」を帯びている。
粒子と波動の二重性
・「量子」は「粒子」でも「波動(波)」でもある、この性質についての概念。
波動
・「量子」と「波動」は同物異称だが、用いられ方が異なる。
・「量子の、情報を帯びた物質としての側面」というニュアンスがある。
波動情報
・「量子上の情報」を指す。
・「波動情報」の通りに「物質・生物・環境の状態は徐々に変化してゆく」。
・「意識」とも言える。
量子エネルギー
・「量子(波動)のエネルギーとしての側面」を指す。
高い波動・高波動
・「量子(波動)の含有が多い状態」「量子(波動)の発生が多い状態」や「良質の波動情報」を指す。
・高波動の状態だと「生命・物質・環境の長寿命化や状態改善」「良質の物質・元素の増加」が起きる。
《低い波動・低波動》
・「量子(波動)の含有が少ない状態」「量子(波動)の発生が少ない状態」や「低質の波動情報」を指す。
・低波動の状態だと「生命・物質・環境の短命化・劣化や状態悪化」「低質・悪性の物質・元素の増加」が起きる。
ゼロ点(ゼロ場・ゼロポイント)
・「量子の運動ベクトルが無い状態(量子が全く動いていない状態)」。
・「ゼロ点とゼロ点の中間地点」でも「ゼロ点」は発生する。
・「ゼロ点」は環境中における「量子の発生場、共鳴・増加の場」「斥力(反重力)の発生場」「量子が重力を獲得する場所」である。
・ゼロ点は、規模が小さい物なら常にどこにでも発生・生滅していて、大規模なゼロ場を人為的に作ることもできる。
・「相反する運動ベクトルが釣り合った場所」は「ゼロ点」になるので、例えば「体の伸び」「音・声」ほか、あらゆる場所で「ゼロ点の生滅」は起き続けている。
・拠って、量子は常にあらゆる場所で発生している。
ゼロ点効果
・ゼロ点で発生する上記の効果。
ゼロポイントエネルギー(Zero Point Energy・ZPE)
・言葉の用法は2通りある。
・「ゼロ点から湧出する量子エネルギー」を指す。
・「莫大・清浄・無限の電力(フリーエネルギー)」「大規模な斥力の発生」ほか、多くの現象が発現する。
・このエネルギーは、使用するだけで付近が浄化され、健康体になっていく。
・現代科学における用法「絶対零度の基底状態(エネルギーが最低の状態)でも、なお起きる振動を零点振動(ゼロ点振動)と呼ぶ」「ゼロ点振動のエネルギーを零点エネルギー(ゼロ点エネルギー)と呼ぶ」「この振動の原因は不確定性原理である」
・しかし波動原理では「零点振動(ゼロ点振動)と零点エネルギー(ゼロ点エネルギー)は、原子周辺のゼロ点から湧く量子エネルギーがエネルギー源である」と説明され、またそもそも不確定性原理が誤りである。
量子もつれ
・「同種の情報を持つ量子同士」は「相関関係(もつれ合う・絡み合う)」が生じる。
・「量子もつれ」の関係にある量子同士は、「片方の状態が変化すると、距離に関係なく即時に、もう片方の量子も同様に変化する」という性質がある。
共鳴
・「量子同士が衝突した時」「ゼロ点・ゼロ点とゼロ点の中間地点」「量子もつれ」「あらゆる同調状態」においては「共鳴」状態が発現している。
・「共鳴」が起きると「量子(波動)の量が増大する」。
・「音・声や海の波などが同調して、波形が大規模化した時」も「共鳴」の一種である。
量子的飛躍(Quantum Leap)
・日本語では「量子飛躍」「量子的飛躍」、英語では「Quantum Leap{クオンタムリープ}」「Quantum Jump(クオンタムジャンプ)]と呼ぶ。
・言葉の用法は3通りがある。
・上記の「共鳴の発生要件」により「量子(波動)は、ある閾値を超えると、乗数的に量が増大していく」という性質がある。
・この効果による劇的な社会変化も「量子的飛躍」と呼ぶ。
 また、特に精神世界では「Ascension(アセンション)」と呼ぶことが多い。
・物理において量子跳躍とは、原子内の一つの電子がある量子状態から別の状態へ不連続的に変化することである(外殻電子の遷移)。
 その電子は、一時的に重ね合わせ状態にあった後、あるエネルギー準位から別の準位へ非常に短時間で「跳躍」する。

  上記事項は「波動原理・波動理論・波動科学」の基本的原理で、その先には多数の科学原理が存在します。波動原理の諸原理は、非常に多岐にわたる効果・現象を、常にありとあらゆる場所で起こします。森羅万象は「量子(波動)で構成される」ので、「ありとあらゆる事は、量子(波動)の所作、波動原理に則って起きる」と言え、物質・生物・意識は波動原理無しに存在できません。そして「宇宙の全ては情報の海」と言えます。

「量子力学」 は「超ミクロから超マクロまで、宇宙や森羅万象の根源を探る学問」「全科学の中核の学問領域」と言えます。近年、宇宙の根本的原理の 「超大統一理論(万物の理論)」 が模索されていますが、 「波動原理」=「超大統一理論」=「科学原理の最上位構造」 であり、また「量子力学・量子的性質」と「波動原理」は一体的な物です。従来科学というのは、科学全体の一部に過ぎず、また地球の波動原理の学者が解き明かした原理も、波動原理全体からするとごく一部です。

「量子(波動)」 とは 「情報」 であり 「エネルギー」 です。 「波動」「気(東洋医学・東洋哲学)」「プラーナ(インド・アーユルヴェーダ)」 と同じ概念であり、「ドーシャ(アーユルヴェーダ)」「マナ(Mana・太平洋島嶼)」「Spirit(英語)」「Geist(ドイツ語)」など、世界各地に類似概念の名称があります。「量子エネルギー」は「生物・物質のエネルギー」を指す概念であり、「風水・易などにおける、龍脈・龍穴という概念の基になるエネルギー」と同じ物です。

「世界各地の古来の概念・哲学・理論」「伝統的手法・医療法」は、概ね波動原理に則った物でしょう。「ツボ・鍼灸」などの効果のメカニズムは従来科学では説明できないですが、経験的に効果が高いと知られていて、各地でごく日常的に用いられ、これは「体に流れる気の流れを改善する手法」です。以前は波動原理に「科学式を用いた理論」がなかったので、「作用原理の説明・実証」には困難さが伴いましたが、近年「手法・検証法と実証的理論の進化」が急速に進んでいます。

「意識=量子が介在する事象」であり、何かを意識すれば、それが事実であろうと無かろうと 「波動情報」 が発生します。 「共通する情報を持つ量子同士は量子もつれを起こす」 ので 「同種の意識は共鳴しあって増加しあう」 という性質を持ち、ここから「集合意識」「健康効果」ほか、各種の効果が発生します。

「波動原理の下に存在する宇宙」「波動科学が齎す技術」の実相とは、現代社会の認識論と全くかけ離れた物です。従来社会は、言わば井の中の蛙であり、近い将来の「波動原理の一般認知が齎す量子的飛躍」の後には、「世の中の全ての常識・認識論を覆すほどの、社会の完全変革・パラダイムシフト」が起きて、人々の意識も、体の状態・能力・外貌も、社会の様相も、自然環境も、何もかもが変わっていきます。

  従来科学で未解明の非常に重要な現象として 「ニュートリノによる元素変換」 があります。「量子(電子・陽子・中性子・光子・ニュートリノなど)」「原子」「同位体」「分子」は、その種類ごとの固有の性質を持っていて、このうち「ニュートリノ」は「元素変換」を生じさせ、「原子核へのニュートリノの衝突」→「周期表の元素番号の1つ重い・軽い原子への元素変換」という現象が発生します。また「良質の波動は、良性の物質の増加と、有害物質・悪性物質の物質の減少を促す」という効果があります。これらの原理により、「高波動状態」であると「環境浄化(汚染物質・人工放射性物質の浄化・除染)」「生物・物質にとっての環境改善」が成されます。

波動原理を応用した器具を 「波動器具」 と呼び、その種類は多種多様、自作も出来ます(項目6⑤)。大型の物は「大規模な電磁波やコイルを用いた手法」で、所謂「UFO」もこの一種です。波動器具は「効果度や効果の出方が千差万別」で、放射能除染の目的でも 短期的に激減する物から、数ヶ月かかる物まであります。

「フリーエネルギー」 とは、基本的に 「莫大な量のエネルギー」「浄化されたエネルギー」「装置があれば、他のエネルギー源なしに、発生し続けるエネルギー」 です。 「フリーエネルギー発生装置」 は、開発途中の物も含めて、近年種類が激増しています。開発者でも知らないので、まだ実験事例が少ないですが、その全ての装置に 「放射能除去効果」 があるでしょう。 「波動器具」「フリーエネルギー発生装置」 など、波動原理を高度に応用した器具は 「使用するだけで付近が浄化される」「生物や自然の存在環境を改善する」「健康体になっていく」「壊れ難い・劣化し難い」「高熱にならない」 などの特徴を有します。

将来的には全ての機械類は、波動原理に則り開発・製作された物となるでしょう。ただ「波動原理を高度に応用した器具類」は「意識=波動」「波動の質や微細なズレが、波動同士の共鳴や波動の湧出の多寡に、決定的な影響を及ぼす」という点から、 「意識や素材・製法の浄化」 が必要で、これが無いと性能は大幅低下します。

【放射能汚染の元素変換による除染の実験手法】
「元素変換を起こす物質・手法」+「汚染物質」+「ガイガーカウンターで計測・検査機関へ送付」のみ

《即時に放射能数値が激減する物・手法》
水素カプセル(項目③・項目6③)
・水素原子が発生するカプセルを汚染水に投入する。
 するとガイガーカウンターの計測数値が、即時に激減する。
・この現象は、元素変換以外の可能性がなく、如何様にも否定し難い。
・最も効果が明確且つ簡易な実験、水素カプセルは市販品で安価である。
・この簡潔極まるたった一実験だけで、従来科学の根本・中枢が完全に否定される。
量子水(項目③・項目6③)
・家庭用よりも大型の改質機、家庭用でも可。
ブラウンガス(項目③・項目6③・項目6⑤)
一部の機械(項目②・項目6⑤)
アーク放電など(項目2・項目6⑤)

【1日ほどで激減する物・手法】
一部の廃棄物処理装置(項目②・項目6⑤)
・既に判明済み

【数日~数週間で激減する物・手法】
竹炭(項目5・項目6③)
珪素が主体の一部鉱物の粉末(項目5・項目6③)
一部の粘土(項目5・項目6③)
酵素液(項目4・項目6②)
ナノ化させた物質(項目3・項目5・項目6②・項目6③)
・微細であるほどゼロ点効果が発生しやすく、量子の発生量が増加するので、波動が高くなる。
・「ナノバブル水」「ナノ純銀」が当サイトに記載されている。
波動的に改質させた物(項目5)
・高波動の物で、改質した物。
・高波動な物質を周囲に置くなどすると、中心にある物質も波動が上昇する。
・「竹炭で改質した石鹸」を記載。

【数ヶ月で激減する物・手法】
微生物散布(項目4・項目6②)
波動農法(項目2・項目6⑤)
・アグニホートラ、バイオダイナミック農法など
・世界各地の伝統的農法・手法には、波動原理を応用した非常に効果が高い手法が多数存在する。

  宇宙のあらゆる事象は、科学原理なしに存在できません。若し「各種の簡易実験を行った結果、如何なる可能性を考慮しても、従来科学では説明できない結果が出る」ならば、そこには「従来科学と全く異なる科学原理の存在」が想定されます。そして、物の理として「理論・定説・常識より、実際の現象・機械数値の計測結果・観測結果の方が重要である」「これは全ての理論考察の前提である」というのは当然です。また現在判明している事は、波動原理全体のごく一部で、当サイトの記載内容は、判明している事実全体のごく一部です。

若し 「量子=情報(全量子が情報を帯びている)」 である場合は、必然的に 「宇宙のあらゆる事象は情報が内在している」「意識・思考・感覚・想像上のことでさえも、その情報が記録されている」「自らの思考・言動は全て量子上に記憶される」「全量子の情報が、森羅万象を決する重大要素となっている」 となります。

「波動原理」の正誤を判断するに際して、論点の最大の分れ目は「量子=情報かどうか」の一点に集約されますが、あまりに多くの事柄が「量子=情報(全量子が情報を帯びている)」でないと全く説明できません。例えば項目6①「ネズミのテレパシー実験」は、これに類する実験・観測は古今多数あり、今後も「テレパシーの有意の発生確率」という普遍的結果が現れるのは確実です。

「従来科学の理論と異なる報告事例・観測結果」は、当サイトに記載された情報以外にも、古来より文字通り無数にあります。そのうち 「放射能除染事例」{放射能数値の大幅低下事例」 は項目2~項目5に、それ以外の事象は項目6に記載してあります。それらの全ては、即ち「現代科学の誤謬」「波動原理の妥当性」「量子=情報」について考慮・判断していくに際して「どのような事例・現象が存在するのか」という例証です。

更に「それらは何を意味し、どのように解釈できるのか、どういう解釈論の候補があるのか」「多数の事例を整理、考証を深化させていくと、どういう点が明確化されていくのか」「波動原理・量子・波動とは、どのような性質の物であるのか」「意識という物が持つ、本来的な性質・意味・効果」「森羅万象はどのように存在しているのか」「宇宙のあらゆる物事の発生・作用・影響のメカニズム」「波動原理を応用すると、どのような効果が得られるのか、どのような技術が開発できるのか」「波動原理・量子的性質を基に、最善な社会を築くためには、どのようにしたら良いのか、どのように考えていくべきなのか」という考証・推論を重ねていき、それを項目6①~項目6⑮に記述していきます。

  既存の科学常識から見れば、掲載した事例・論は「従来科学と乖離していて、にわかの理解は困難」でしょう。しかし同時に、古来から現在まで世界中で「気」「プラーナ」などの概念・解釈法が受け入れられてきたのであって、これら理論と波動理論は同一線上の物です。言ってみれば「社会に存在する相反する二つの認識論のうちの一つが妥当であった」という事でしょう。

「波動原理による各現象」や「元素変換による放射能除染」について、その各論説には賛否両論あるでしょうが、賛否両側共同で再現実験をすれば、結果を以って事実は自ずと判明します。「否定派側でも誰でも、ガイガーカウンター・検査機関などを用いた実験は行える」「この否定側の実験に、肯定側が誤魔化す余地が無い」「実験には、結果が即時・短期に分かり、非常に簡易で、殆どコストがかからない物が多数ある」「実験すれば、正しいも間違っているも、一目瞭然ですぐに全てが分かる」「疑義があれば実験を何度でも繰り返せば良い」ので、ここに問題はなんら存在しません。

「従来科学で解明できない事象は、往古から無数に報告されている」「即時・短期で結果が出る簡易実験で、従来科学では決して説明できない結果が多数観測されている」という事実があります。科学的な常識・通念は、往古から不変だった訳ではなく、昔から頻繁に変遷して来ました。科学的知見の蓄積は「実験・報告・考察の繰り返し」から形成されてきたのであり、それにより多くの常識が覆されてきて、それ無しに「最初から決まっている事」など何もありません。

そもそも現代科学は、宇宙の全事象の僅かを認識しているに過ぎず、全体を認識しているとする科学者はどこにも存在しません。古今東西の事例の全てを、間違い・嘘・偶然・計測ミスとするのは無理があり、その根拠がありません。「数十年前の常識と、今の常識さえ全然違う」のに、「たった今の常識を以って、実質的な考察も検証実験もせずに、端から全否定する」というのは「科学的思考法」ではありません。故に考察に際しての「従来科学・常識に基づく全否定」は、思考の前提からして完全な誤りです。

   「放射能汚染問題」 については、従来科学では広域の放射能除染は不可能だとしています。このままなら事故前の放射能数値に戻るまでに数千年~数万年以上、また19世紀以前のような放射能汚染が無い状態には戻りません。

「元素変換による放射能除染」 は、科学界は虚構としていて、大多数の政治・行政やマスコミを含めて、自立的思考や自ら検証する気構えはありません。世間はこれに準拠するので、事態を解明・改善に導く主導的な勢力が存在しません。このまま従来通りの「手順・前例・常識論重視の社会的な空気」「何が妥当かによる判断でなく、世間がこうだからという判断」に則っていたら、公知の手法や決まり事の枠内でしか行おうとせず、この超深刻な被害が野晒しになり、貴重な時間が悪戯に過ぎるのみです。この膠着を打破して、新たな手法や未知の可能性の追求する以外に、放射能汚染の除染は成されません。

手法も費用も手軽な簡易実験が多数あるのに、それさえも行わず、検証・考察・議論をしようという態度が皆無で、文字通り問答無用を貫く界隈のどこに「科学的思考」が存在するのでしょう。機械の計測数値が有意に低下したとして、それでも「従来技術ではニュートリノが捕捉出来ない」「だからニュートリノによる元素変換を証明できない」との理由で事実を認めなかったり、除染を実施しないならば、どれ程不条理なのでしょう。若しも数ヶ月~数年で除染される可能性があるとして、これに対し何だかんだと理由にならない理由を挙げて否定しながら行わず、自ら災禍に苦しみ続け、未来世代まで深刻な悪影響を残すとしたら、どれ程までに罪深いのでしょうか。

「実験・検証を否定しつつ、ただ条件反射的に否定するのは、思考をしていないのと同じで、本質的思考・科学的思考ではない」「本来そういう実験を行うのは、科学界ならば、政官など公的機関ならば、当然中の当然である」、これは本来明白です。これ程の状況において、大切な土地・国土を穢して、子孫達へ深刻極まりない迷惑をかけて、尚且つこの様な理由で実施しないのは絶対に間違っています。

「物事を解明していく」のは非常に困難な道ですが、それ以上に「事態を停滞に追い込む、社会のあらゆる壁」を乗り越えることが困難です。「現在の社会状況・汚染状況」に対して、「大人たち・現代世代」には「改善・解決する義務」があります。「子供達、赤ちゃん達、未来世代」には、「浄化された環境で、より良い環境で暮らす権利」があります。また「地球」とは「全生物の共有物・母体」であり、「人間の意識」は「自然環境の保護・改善」に向いている事が大事です。

しかし福島第一原発事故や、各種の社会的な歪みを引き起こした「国・社会の在り方」としての「空気や常識の至上主義」「閉鎖性」「権威主義」「前例主義」「同調圧力」「非多様性」「無責任さ」等々は、事故後は「既存常識枠外の手法実施や認知の阻害」へと働いてしまっています。社会を覆う「抑圧や過剰同調の圧力」は、「自ら考えるという意識」を奪って、「どれだけ歪でも、それが普通だ・そんなもんだと認識させる」「既存常識や枠組みへの従属に埋没していく事を当然視する」という風潮を醸成しています。

こういった「方法論は幾らでもあるのに、真実や妥当な事に目を向けようとしない」という現況は、「地動説と天動説」など、「検証法」「知の蓄積」が限られていた「中世における科学的観念」よりも、ある意味酷い状況です。しかもそれにより汚染や利便性低下で、苦労・苦悩が大幅に増加していて、非常に奇妙極まりないです。これは現在の矛盾に満ちた世界の、その極端な一例であるでしょう。

波動原理から言うと、地球は「人間(知的生命体)の意識」さえ変われば、全てが変わっていきます。既存の観念から見ても、人間には世の中を変える力がありますが、実際には地球の環境を、良い方向にも悪い方向にも決定的に変えていく能力を持っています(この事は項目6に記述してあります)。

是非とも「柔軟思考・水平思考・俯瞰的視点・広い視野」を以って、「固定観念・前例・常識論・空気」に囚われずに、考慮を進めてくださるように御願い致します。


***************************

当サイトの項目
項目1:波動原理と放射能除染の概略 (メニュー1)
項目2:波動器具・一部農法・一部機器等による除染法 (メニュー2)
項目3:量子水・還元水素水・水酸素ガスによる除染法 (メニュー3)
項目4:フルボ酸・微生物等による除染法 (メニュー4)
項目5:珪素・炭素同素体・ナノ物質・竹炭等による除染法 (メニュー5)
項目6:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」目次(メニュー6)
項目6①:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー7)
項目6②:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー8)
項目6③:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー9)
項目6④:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー10)
項目6⑤:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー11)
項目6⑥:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー12)
項目6⑦:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー13)
項目6⑧:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー14)
項目6⑨:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」 (メニュー15)
項目6⑩:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー16)
項目6⑪:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー17)
項目6⑫:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー18)
項目6⑬:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー19)
項目6⑭:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー20)
項目6⑮:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー21)
項目6⑯:「波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い」(メニュー22)



項目6:波動情報と共鳴の原理・作用・効果・影響・意味合い
森羅万象の形成・発展・永続化、意識・社会・環境の浄化・改善

項目6の主要事項の目次:

項目6①(メニュー7):
【波動原理の概略】
全ての量子=波=情報=エネルギー
波動の共鳴・結合・増加
波動について
ゼロ点効果と反重力・元素変換
幾何学的形態の共鳴効果
意識と意識体と空間について
超能力=波動的能力とハイパーコミュニケーション
DNAの所作と波動情報の記録
万物の好転・形成・長寿命化と悪化・崩壊・短命化
波動原理の初歩的な概略
http://is.gd/kX8wLx


項目6②(メニュー8):
【自然の中の波動原理】
音や色彩の共鳴効果
渦の効果
量子の結合状態
微生物の効果と腸・丹田の健全化
植物の浄化能力、酵素の効果
水と量子水の性質、水と植生と自然と波動的環境の一体性
珪素の重要性
粘土・炭・火の効果
http://is.gd/w2fWPI


項目6③(メニュー9):
【パワースポットと祭祀】
パワースポットと祭祀と意識エネルギー
日常と意識
波動の穢れと浄化と環境保全
波動科学の効果・活用
波動原理の意味合い
http://is.gd/ztBKLZ


項目6④(メニュー10):
【人間と波動】
人体・生命や地球・宇宙の幾何学的配置
脳やオーラとホログラフィック理論
エネルギーとしての波動
健康と波動
波動の性質と社会変化
http://is.gd/CdKR4K


項目6⑤(メニュー11):
【高い波動効果を起こす機器】
波動転写機・ラジオニクス
波動的に重要な場所
電磁波によるゼロ点効果の大規模発生

【諸概念の波動原理上での意味合い】
宇宙の根源的原理の陰陽原理
宇宙の普遍的構造の螺旋と渦巻き
励起状態と基底状態
波動・意識・森羅万象の振動
ミームと遺伝子
波動の所作から見た哲学の意味合い
http://is.gd/HJgWPy


項目6⑥(メニュー12):
【霊魂の所作と活性化、日本の基層と神事、精神性・芸術性の淵源】
魂振り・魂呼び・殯、神事・芸術の原点
一霊四魂
霊・魂・玉・珠・タマの増殖による産霊・生体の活性化、斎み清めること
神性と芸術と意識状態
玉(ぎょく・たま)
縄文文化に由来する、日本の基層の自然崇拝と緩やかな融和的意識
http://is.gd/vClptO


項目6⑦(メニュー13):
【霊魂の所作と活性化、日本の基層と神事、精神性・芸術性の淵源】
アイヌと沖縄について
  • アイヌ・ニブフ・ウィルタ民族の概略
  • アイヌ民族の文化と信仰
  • 蝦夷の歴史
  • 日本の体制がアイヌ民族に強いた不当な境遇
  • ソ連と国際的体制がアイヌ・ニブフ・ウィルタ民族に強いた理不尽な追放・放置
  • 日本におけるアイヌ問題の認識状況
  • 沖縄・琉球の歴史
  • 琉球神道について


項目6⑧(メニュー14):
【霊魂の所作と活性化、日本の基層と神事、精神性・芸術性の淵源】
アイヌと沖縄について
  • 南西諸島の伝統歌謡
  • 南洋産貝製品の古代社会における重要性
  • 沖縄的事物と女性祭祀と海人族が示唆する、古代社会の在り方と平和の希求と大規模な変化
  • 日本の辺縁部に残る古代の日本語と祭祀形態
  • 沖縄・琉球の位置付けについて
  • 辺野古と大浦湾の類稀な環境・霊場・遺跡と、日米による破壊の危機
  • 沖縄に対する国内外からの歴史的な抑圧
  • 沖縄問題への誤った対処
  • アイヌ・沖縄問題に見える国内外の自己優位思想
  • ヤマト・アイヌ・沖縄などの和合


項目6⑨(メニュー15):
【霊魂の所作と活性化、日本の基層と神事、精神性・芸術性の淵源】
波動原理から見た芸術性
音楽と声と波動の効果
日本・日本語の特性
邦楽とその在り方
http://is.gd/SbVxXz


項目6⑩(メニュー16):
【波動原理と超能力と脳機能の根源】
右脳左脳
脳と間脳
ミラーニューロンと共感・共鳴
波動的な治癒能力、自己・他者・森羅万象の修復
松果体・第三脳室とクリプトン・希ガス、波動原理と超能力の根源的原理
磁気と超能力
バイオフォトンと生体リズム
波動・意識・電気の媒質としての水分・神経
ツボ・経絡について
チャクラと関連する身体器官
http://is.gd/XadcK7


項目6⑪(メニュー17):
【正中線・各部位の性質と硬直・歪み・柔軟化、気血水の循環、寿命・森羅万象の結合・改善】
岩戸開きとチャクラの開放
人体・森羅万象の存在形態、万物の結合・崩壊、症状・痛み・寿命・健康の根本原因
人体の基本的構造
生体におけるエネルギー源と水と粘性について
硬直・歪みの影響、改善の過程
筋肉などの性質と緩和法
血管の拡張
骨と伝導
神経と修復
手と意識の密接な相関、手当て・さすることの効果
反射区と足裏について
施術時の意識の持ち方
人体の基本的構造
正中線・中心線、体の縦の線構造
脊柱と胸郭・肩・首の拡張
みぞおちと横隔膜と丹田
喉と首(頚部前方)
頭蓋骨の歪み・硬直・柔軟化と縫合線
体毛・毛髪=波動のアンテナ
耳と頚部後方・後頭部
頚部・後頭部の緩和法
http://is.gd/X3ySNn


項目6⑫(メニュー18):
顎と口蓋周辺
ほうれい線と口腔の緩和
頚部・顎・鼻にかけての一体的構造
鼻と副鼻腔
目・眉・眉間周辺
笑顔の効果と頬の緩和
頭頂部・眉間・顎・鼻や上半身の中心線
縫合線の柔軟化と岩戸開き
深層脳と表層脳
動作の中心、外後頭隆起の真我
DNA・遺伝子とライトボディー・心の御柱
意識と体の不活性化
締め付け・統制・否定が齎す悪影響
波動の特性
http://is.gd/SbVxXz


項目6⑬(メニュー19):
科学界による波動原理の否定と、社会的問題の共通点
http://is.gd/pY3A3Q


項目6⑭(メニュー20):
波動原理を阻む社会的要因
http://is.gd/VajHCF


項目6⑮(メニュー21):
個の抑制と同調圧力と精神的疲弊を招く教育制度
自主的な思考・感性を阻む歪んだ社会構造と、権威主義・従属思考
物質主義と閉鎖性と視野狭窄による自家中毒
欺瞞的な建前が招く、非健全化と本来的な倫理の崩壊
議論の社会的土壌と、齎される不正義・無関心
他集団との関係性について
普遍性と真理について
http://is.gd/1ne2sX


項目6⑯(メニュー22):
芸術・文化と非本質性・反知性・社会的断絶
無思考・無感性と非調和へと誘導する社会的要因・集団的圧力
非調和・非統合と、世の中の事象の断片化・虚無化
経済・資本主義・貨幣社会の問題点
共存型社会=理想社会の前提
http://is.gd/u14ITa



波動原理・ゼロ点効果・放射能除去法纏め
http://twitter.com/fulvicmicrobe
housyanoujokyo アットexcite.co.jp


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。