2011-04-10 17時 作業員体調不良者報告


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記者:この方の累積線量はどのくらいか?
東電:累積のほうは確認できてません
記者:後で教えてください。
東電:後ほど確認取れましたら報告させていただきます。

記者:年齢は?
東電:30代男性、それ以上の詳しいことは本人のプライバシーに関わるので回答を差し控えさせてください。

記者:当時の服装は?
東電:タイベックの上下にアノラック上下、ヘルメットと全面マスク、ゴム手袋に長靴という装備

記者:それまでの休みは、どの程度あったのか?
東電:ちょっと確認しておりません。

記者:協力会社というのはどこか?
東電:企業名については控えさせてください。
記者:それは何も明らかにしたことにならないから上と話しあってくれ
東電:今回このような形で病院に搬送したということで報告させて頂いてる次第です。
記者:確認のしようがないじゃないか、客観的にあなた方が仰っていることが正しいかどうか、きちんと検証することが出来ない、あなた方に最終的な決定権は無いだろう、質問を持ち帰って上と相談してくれ
東電:分かりました、お伝えします

記者:これまでで東電が明らかにしなくても、関係会社さんが明らかにしたことはありましたよね?
東電:私の方ではそういったことは認識してません、"私は"把握してません。私の勉強不足で申し訳ない。

記者:東電さんの都合で出されないのか、どちらの都合で出されないのか?
東電:当社としまして、公表は差し控えさせていただいているということ

記者:累積の線量はすぐに分かるか?
東電:累積の線量個人の部分については公表してないというところがあるので、今回についても本人の方についての線量をお伝えできるかどうかちょっと分からない
記者:前の3人被爆したときは公表されているが、何故今回は公表されないのか?
東電:過去のを公表しているということだから、もう一度確認させてください。
記者:次の(当日の)会見の時には回答できるか?
東電:公表できるということであればご報告させていただきます。

記者:搬送時に点滴されているという話があったが、点滴をするということは何を意味しているのか?
東電:何のための点滴かというところは確認できてないが、本人の体調不良というなかで医療関係者の方が判断されて点滴したということだと思う、詳しいところは確認が取れていない。

記者:2号機の復水器の敷設作業が中断されたのが再開したということだが、最終的にその移送が始まったかどうかということか?
東電:移送について確認した時点ではまだ始まっていない。
記者:作業の中断はどれくらいあったか?
東電:すぐに再開した、細かい時間までは把握してないがそう長い時間の中断では無かった。

記者:協力会社から連絡が入って、東電が把握するという仕組みがどうしてか分からない
東電:当社への連絡ルートがどうなっているかという所ですね、確認させてください。

記者:たて坑というのは具体的にどのたて抗か?
東電:2号機のトレンチのたて抗、そこから復水器のほうへ本日水を移すことで朝説明していたが、その為のホースを引っ張る作業をしていた。

記者:30人程度の方々は全員協力会社の方か?
東電:内訳については把握出来ていない、東電の社員も居ると思うが確認させてほしい。