世界設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界設定


歴史

始まりの神の時代
外から来た1の神の時代
2の神の時代
3の神の時代(現代)

世界背景

精霊の混沌があって、そこに始まりの神が意味を与えて生まれた世界
混沌としてあった『理』の精霊
『理』の精霊に始まりの神が意味を与えた3精霊
  • 『拡』の精霊>広がろうとする外向きの理
  • 『』の精霊>円に沿って回る横向きの理
  • 『凝』の精霊>中心に向かう内向きの理
方向が定められた精霊は、密度を高め、世界構築の基礎精霊となる
  • 『拡』→『力』の精霊へ
  • 『』→『流』の精霊へ
  • 『凝』→『質』の精霊へ