Time To Say Goodbye


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作曲 Francesco Sartori

 “新しい世界に旅立とう”という前向きなメッセージと、その感動的なメロディで人気を集める“旅立ちの歌”。原曲は、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリの「コン・テ・パルティロ(Con Te Partiro)」。1996年にサラ・ブライトマンが英訳詞にて『タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)』としてカバーした作品が大ヒットするなど、以後も楽曲の素晴らしさから多くのアーティストにより歌われています。

 編曲は『吹奏楽のための「風之舞」』(2004年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)のほか、数々のテレビ番組の音楽製作を手掛ける福田洋介氏。もともと美しくメロディアスな楽曲ですが、壮大かつ優しいアレンジで、シンフォニックな楽曲になっています。また、細かいアーティキュレーションが書かれており、抑揚の付け方など、楽曲を組み立てる上で非常に親切です。聴衆も奏者も感動できる、そんな編曲といえます。

 歌詞のイメージや楽曲の持つ美しさから卒業式にはもちろんオススメの一曲ですが、感動を呼べるアレンジなだけにコンサートのレパートリーとしても見逃せない一作です。
 

難易度B
5040円
 

 

Time To Say Goodbye
作曲:Francesco Sartori
編曲:福田洋介 
演奏時間:3分50秒
難易度:B
編成:小編成
出版社:Winds Score
価格:\5040-
“新しい世界に旅立とう”という前向きなメッセージと、
その感動的なメロディで人気を集める“旅立ちの歌”。
原曲は、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリの
「コン・テ・パルティロ(Con Te Partiro)」。
1996年にサラ・ブライトマンが英訳詞にて
『タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)』
としてカバーした作品が大ヒットするなど、
以後も楽曲の素晴らしさから多くのアーティストにより歌われています。
もともと美しくメロディアスな楽曲ですが、壮大かつ優しいアレンジで、
シンフォニックな楽曲になっています。
また、細かいアーティキュレーションが書かれており、抑揚の付け方など、
楽曲を組み立てる上で非常に親切です。聴衆も奏者も感動できる、そんな編曲といえます。
歌詞のイメージや楽曲の持つ美しさから卒業式にはもちろんオススメの一曲ですが
感動を呼べるアレンジなだけにコンサートのレパートリーとしても見逃せない一作です。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。