イン・ザ・ムード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イン・ザ・ムード
作曲者:Joe Garland ( ジョー・ガーランド )、編曲者:山下国俊 ( ヤマシタクニトシ )
難易度:4(何を基準なのかわかりません)、出版社:ミュージックエイト

1939年にグレン・ミラー楽団が発表した人気曲。作曲はサクソフォン奏者で作編曲者のジョー・ガーランド。もともとはアーティー・ショー楽団が演奏していた曲だが、グレン・ミラーがさらに軽快に演奏したことで大ヒットとなった。主要モチーフの一部が別人の先行曲からとられていたため、訴訟になりかけ、グレン・ミラー側から和解金が支払われたことがある。先述の映画『グレン・ミラー物語』では、ドイツ軍の空襲下、ロンドンの野外で演奏されていた。
木管群の奏するテーマが分散和音でできているような曲で、タンキング(舌使い)とフィンガリング(指使い)を一致させるのがなかなか難しい。よく中高吹奏楽部が楽しそうに演奏しているが、まず、まともな演奏に出会ったことがない。それほどの高技術を要する曲である。(富樫鉄火、「Standard Pops」ライナーノーツより)

楽譜費:6195円

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。