妊娠期


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妊娠・授乳婦期

母性の特性
妊娠、分娩、産褥、授乳の各々の期間の生理的、栄養学的特徴を学ぶことが大切である。
妊娠初期:16週未満
妊娠中期:16週以上28週未満
妊娠末期:28週以上

妊娠の健康管理
妊娠を維持し、健康な子供を出産する為に妊娠前より栄養、健康面で注意する必要がある。
特に痩せと肥満問題、食事内容、喫煙・飲酒・嗜好品、運動や薬剤に気を付ける必要がある。

妊婦・授乳婦食事摂取基準
付加量は初期、中期、末期で異なる。
またたんぱく質やビタミン、ミネラルの必要量が全体的に増加する。
又、ビタミン・ミネラルでは過不足があると胎児へ影響がある場合があるので摂取に注意する。

妊娠期の疾患
などがある。

就労女性における妊娠・産褥・授乳期の健康
就労している女性は、妊娠による肉体変化だけでなく、仕事の負担や精神的、肉体にもかかる。
その場合の注意点など。

妊産婦のための食生活指針
2006(平成18)年2月、厚生労働省より策定。
妊娠前から食生活の重要性が再認識された。
日本人の食事摂取基準及び食事バランスガイドを基本とし、妊娠期・授乳期に孵化すべき事項を加えた妊産婦の為の食事バランスガイドを合わせて検討し、食事の望ましい組み合わせや量について提示することとした。

妊娠期の栄養アセスメント
妊娠後の母体の健康維持、胎児の正常な発育の為には検診が必要である。
検診の回数
 妊娠2~6か月:1か月に1回
 妊娠6~9か月:2週間に1回
 妊娠9か月以降:1週間に1回
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。