カウンセラーの倫理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カウンセラーの理論


理論とは、社会生活を送る上で守るべきモラルのことである。

カウンセラーが留意すべき点
  1. カウンセリングはクライアントの支援の為だけに行う
  2. カウンセリングは適切な場所、時間で行う
  3. クライアントとの間に夜会通念にもとる関係を持たない(Ex.男女関係を持たないなど)
  4. クライアントの個人情報を本人ないし、保護者の同意を得ずに公表してはならない(必守義務)
  5. カウンセリングマインド(クライアントの間に親密で信頼感に満ちた人間関係を作っていく姿勢)を大切にすること
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。