栄養教育計画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

栄養教育計画

栄養教育計画を立てる時は6W2Hを用いることで、より具体的な計画を立てることが出来る。

栄養教育計画立案の為の6W2H
When(いつ) 教区の時期・日程の決定
Where(どこで) 栄養教育実施場所の決定
Who(誰が、誰により) 教育者の決定
Whom(誰に) 対象者(学習者)の決定
What(何を) 教育内容の決定
Wyh(なぜ) 学習者の問題点や教育の目的意義とその明確化
How to(どのように) 教育方法(形態・教材・媒体など)の決定
How much(いくらで) 費用とその負担者の決定
6W2Hを用いることで、より具体的な計画を立てることが出来る。
また課題解決の必要性や実施可能性を考慮し、優先順位をつけることが必要である。

課題の必要性・優先性

解決すべき必要性のある課題と判断されたものについて、優先順位をつける。
課題は必ずしも1つとは限らず、複数組み合わせる必要がある。

栄養教育計画目標設定の為の条件

  1. 早急に解決が急がれるもの
  2. 多くの人が問題としているもの
  3. 対象者が自分自身で出来るもの
  4. 対象者に経済的、労力的負担のかからないもの
  5. 効果が出来るだけ早期に現れやすいもの
  6. 関連機関の協力が得られやすいもの
  7. 対象者が積極的に取り組む意思があること

人的資源:栄養教育実施者の他、学習者を支える家族や友人、仲間など
物質的資源:栄養教育の為に必要な場所、時間、機会・器具など
社会的資源:保健所・保健センター、健康増進センター、公民館、医療施設などの公的機関や組織
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。